アコム

アコムの3秒診断(仮審査)を利用して、借入可能かチェック

イメージ011

アコムの3秒診断はあんまり信用しちゃいかん!自分で事前にしっかと確認しなくちゃいかんだ

アコムの3秒診断の審査結果は、正確なのか?

正直な所、アコムの3秒診断の審査結果は、少し適当です。
どの辺が適当かというと、まず「年収を記入しない」ということ。
本来借入可能かどうかは「年収、借入総額」のバランスで決まるのに、借入総額しか聞かないんですね。

アコムの最大限度額以上借りていてもOK

年収を聞かないだけならまだいいのですが、さらにすごいのは、アコムの最高限度額を超える金額を借りていても「ご融資可能」と出る点。
アコムの最高限度額は「500万円」です。

なのに「借入総額800万円」として仮審査しても「ご融資可能と思われます」と出るんですね。
明らかにおかしいし、エラーではないかと思うくらいですが、少なくとも私が試した数ヶ月の間は、ずっとこの状態でした。

年収を聞かないのはいいのですが、この800万円までOKというのは明らかに誰が見てもおかしいと思います。
アコムは三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社も務めるくらいなので、業界屈指で信用できる業者なのは間違いないですが、それだけに謎です。

アコムの3秒診断の仮審査は、参考程度に

ここまで書いた通り、アコムの3秒診断はかなり適当な部分があるので、ここで出る仮審査の結果は、あくまで参考程度にしておいてください。
ここで「ご融資可能と思われます」と出ても、実際には通らないことも多いですし、逆に「判断できない」という結果が出ても、普通なら落ちるのですが、通る可能性もあります。

自分で借りられるかどうか、事前に判断する方法

このようにアコムの3秒診断があまり当てにならない以上、アコムで借り入れしたい場合は、自分で審査に通るかどうか、事前にシミュレーションすることが大事。
その時のシミュレーションの方法をまとめます。

まず第一に、借りたい金額が年収の3分の1かどうかです。
キャッシングの知識のある人は知っているでしょうが、キャッシングでは総量規制というルールがあり、年収の3分の1までしか借りられない、という風になっているからです。

これはアコムに限らずどの消費者金融も同じ。
銀行カードローンはこの総量規制の対象外なので、3分の1以上借り入れすることもできます。

過去に返済事故(トラブル)を起こしていないか?

続いてこれも重要ですが、過去にカードローンやクレジットカードなどで、返済トラブルを起こしていないかをチェックしましょう。
ほとんどの遅延は返済トラブルというほどではなく、個人信用情報にも記録されていません。

しかし、たとえばクレジットカードの強制解約になったり、督促状が来るくらいの重度の遅延をした場合は、個人信用情報の履歴に残っていることが多いです。

このような場合、年収が十分あって借入希望金額が小さかったとしても、アコムでも審査に落ちる可能性があります。
個人信用情報というのは、キャッシング審査で一番重視される部分なので、これでブラックリスト入りしている人は、審査に通るのは難しいと考えてください。

その他、仕事の勤続年数は長いか…など

その他のアコムの審査基準としては、仕事の勤続年数が長いか、雇用形態はどうか(正社員・パート・アルバイト・嘱託・契約社員、など)、給与形態はどうか(固定給か、歩合給かなど)…が問われます。
これもアコムに限らず、どの消費者金融や銀行カードローンでも同じ審査項目ですが、これらの諸条件を自分で見ながら「大体通る」「多分通らない」ということを判断しましょう。

アコムで審査に通るか不安な場合

上のように諸条件からシミュレーションしても、自分がアコムの審査に通るかはわからないもの。
絶対落ちるという自信がある人は、独自審査などの審査が甘い貸金業者で申し込みましょう(あまりおすすめできませんが)。

落ちるかどうか微妙という人の場合、とりあえずアコムは消費者金融で一番審査通過率が高いので、受けてみることをおすすめします。
アコムで落ちると、かなりの確率で、他の消費者金融のキャッシング審査も落ちます。
(絶対ではありませんが、落ちることが多いです)

なので、迷っている人はとりあえず最初にアコムで申し込み、もしアコムで落ちたら、次に審査通過率が高いと言われるアイフルで申し込みましょう。

アコム・アイフルと2件連続で審査落ちしたら、3件目からはプロミスでもモビットでもどこでもほぼ通りません。
連続申込みは2件まではブラックリストに入りませんが、3件目からはブラックリストに入る可能性があります。
なので、このような連続申込みは2件で抑えましょう。

大手の消費者金融を2件受けてもダメだったら、上にも書いた通り、独自審査の業者で申し込みしましょう。
(どうしてもお金が必要な場合は、ですが)

 

ゼニ侍がオススメするカードローン

アコム関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.