キャッシング体験談

電話使いすぎて払えないときの緊急借入|28歳 製薬会社勤務 男性

zenizamurai072

携帯電話代を払わないで放っておくと信用情報機関に登録されてしまうんじゃ。先のことを考えりゃ、絶対に払わないとあかんぜよ!

僕は今付き合っている彼女と小5の頃から付き合っているのですが、彼女が大学に行く事をきっかけに遠距離恋愛になりました。今では彼女が地元に戻ってきているので頻繁に買うことができているのですが、知り合いになって彼女は大学僕は就職した頃はお互いに電話という方法でしか連絡を取ることができず、頻繁に会うこともできなかったので、毎日長電話をしていました。

今ではスマートフォンのアプリケーションなどを使えば、とてもリーズナブルに話をすることができたりするのですが、当時はそんな例外のものもなく月々の電話料金がどんどん高くなってしまいました、携帯電話と家の電話を駆使しながら毎日の電話を繰り返していたのですが、さみしさから長時間電話をしてしまったことで、でも料金が7万円を超えてしまったことがありました。

7万円を超えてもなお長電話はやめることは出来ず・・放っておくとブラックリスト入り?

彼女の声が聞きたいのはもちろんですが、彼女も僕の声を聞きたいと思いながら電話をかけてくれると、どうしても電話料金がかかることを懸念して僕がかけ直すようにしていたんです。

お互いの欠けたタイミングで常に話をしていれば電話料金も半分ほどだったと思いますが、それでも彼女が大学に通いながらアルバイトをして支払っていくのは大変なことだと思ったため、就職して先に働いている事が出来るだけ負担しようと思っていました。

でもやっぱり電話料金で7万円というのは一人暮らしをしている新社会人にとって大きな出費になってしまうのでまともに払うことなんてできません。だからといって、払えるわけでまた止まった状態になってしまうのは非常に困るため、彼女には内緒でキャッシングをしました。

ちなみに、携帯電話の未払いを放置してしまうとどうなるのか?

携帯電話料金未払いを続けているとブラックリストに入る?

①利用停止~強制解約
ちなみに後で調べましたが電話料金を支払わないでいるととても怖いことになります。携帯電話料金を滞納しているとまず利用停止となり、次に強制解約となります。利用停止までの流れとしては、まずハガキで支払最終日の連絡が来て、それまでにお金を支払うことが出来ないと利用がいったん停止なります。このあたりは公共料金の利用停止の流れと同じです。そして、そのまま料金を支払わずに1、2カ月(会社により異なるようです)経過してしまうと強制解約となります。

②料金支払いの催促
このまま料金を支払わないと、債務が残っている状態です。金額によって異なりますが、場合によっては電話会社側の債権が回収業者に移り、サービサー会社(に限らず回収業者)から料金回収の催促が来るようになります。サービサーに債権が移ると、もちろん法的な枠組みの中でですが、回収専門業者ですので内容証明や連絡などの手段でしっかりと回収されることは覚悟した方がよいです。

③最終的にブラックリスト入り
詳細は別ページで説明されていますが、携帯電話料金の滞納は信用情報機関に登録されてしまいます。ですので、仮に契約解除のように債務を放置してしまうと、信用ブラック状態になってしまいます。こうなってしまうと、新しく借入れをすることは出来なくなります。

電話代を借りるまでの流れ、少額キャッシング出来ました。

申し込みをした時に担当の人から電話があり、どうしてお金が必要なのかと言われたのですが、思わずそこで今月はちょっと生活費が足りなくてと言ってしまいました。

こんなことを言うともしかするとお金を貸してくれないかもしれないと電話を切った後になって後悔したのですが、言ってしまったものは仕方がないので、あとは審査の結果を待つしかありませんでした。しかし審査の結果は無事通過していてお金を貸してもらうことができたので、10万円のお金を借りてまず7万人の携帯料金を支払いました。

残りの3万円は手元に持ったまま翌月からの返済にまわそうと思っていたのですが、なんだかんだと会社の友達と飲みに行ったりして結局使ってしまいました。

でも翌月からの返済はしっかり行い彼女の携帯料金が高かったので少しはマシだという話をしたことを覚えています。それからしばらくして、スマートフォンが販売され、お互いに無料アプリを使って毎日思う存分に電話ができるようになったのですが、それまでの間は我慢をすることもたくさんあり、パソコンのウェブカメラをお互いに購入してパソコンで話をしたりもしていました。

今では笑い話ですが、あの時キャッシングしたことは今でも彼女に言えないままとなっています。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング体験談関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2018 ゼニ武士 All Rights Reserved.