キャッシング体験談

入院費用・治療費を借入れ出来たので助かりました。

zenizamurai058

怪我や病気で今すぐ銭が必要なこつあるばい。そがときは、高額医療費貸付制度も利用しつつ思い切って借りるちゅーのも手じゃと思うぜよ。

思いもよらない病気や怪我などで高額な治療を受けなければならないケースや長期間通院しなければならない場合、また入院しなければならないと言った場合などには医療費がとても高くなってしまいます。

現在の日本では、一定以上の医療費がかかってしまった場合には高額医療費の申請をすることによって、1部の医療費が手元に返還される仕組みとなっていますが、高額医療の申請を行ってから実際に差額の医療費が手元に戻ってくるまでには時間が必要です。その間のお金が足りなくなってしまった場合もキャッシングや融資などをしなければならないのか?

●高額医療費制度の概要まとめ

  • 保険医療機関から出される診療報酬明細書の提出が必要
  • 上記の理由から診療から3カ月以上かかる
  • 支給見込み額の8割相当を無利子で借り入れ出来る高額医療費貸付制度がある

まず、高額医療費制度の還付を待つ間の資金がなくなってしまった場合は、高額医療費貸付制度を利用します。そして、利用後に更に貯金が底を突いてしまったなどといった場合にはその他の資金帳つの手段を考えなければなりません。

このような時どうやってお金を準備すればよいかと頭を抱えてしまうものですが、キャッシングを利用すれば医療費で足が出てしまった部分をどうにか穴埋めできるのではないでしょうか。また、実際にそういう使い方をしている人は実はたくさんいます。

キャッシングを利用して入院費用・治療費の穴埋めをするという考え方

もちろん、どれだけの医療費が必要になるのかというのは症状によって違ってくるものですが、仕事を休んでいる期間収入がないため、医療費が還付されるまでお金を借りて生活するしかない場合もあるでしょう。

キャッシングはとても頼りになります。借りたお金を返す際には利息を支払っていかなくてはなりませんが、それでも手元にお金がない状態が続いてしまうよりスピーディにお金を借りて生活できた方が良いに決まってます。

お金を借りることに抵抗を感じてしまう人もいるようですが、実際に医療費というのは自分の想定外の部分で大きな出費となってしまうため、経済的に大きな負担を与え、自分の生活そのものが傾いてしまうことにもなりかねません。入院費用・治療費はこれからも働いて返して行かなければなりませんし、多くの場合、その後も治療は続き治療費はかかり続けます。

前述のとおり高額医療費で請求した差額分については必ず口座に振り込まれてくるお金ですから、このような事情を話してキャッシングをすると良いでしょう。

インターネットから申し込みをした場合には、こうした事情を話すことは難しくなりますが(※最初の本人確認の電話のタイミングで相談してもいいかもしれません)無人契約機などで借り入れをするのであれば、備え付けのインターホンからスタッフと話をしながら審査の申し込みをすることができます。

銀行等でお金を借りるのも良い方法と言えますが、銀行は審査に時間がかかるので、すぐにでも使える生活費や医療費の足りない分を補いたいという場面では消費者金融や各種カードローンが重宝されます。

知人や友人らが身内などにまとまったお金を貸してくれる人がいれば助かりますが、やはり人間関係を考えるとそこは最終手段にした方が良いと思います。

今現在お金が必要だという人はもちろんですが、今後何かの場面でお金が必要になることがあるかもしれないので、その時にも上記内容を思い出し、キャッシングを利用することを考えてみましょう。

また、備えあれば憂いなしなので、あらかじめ小額での借り入れを行い、いつでもキャッシングができるようにカードを持っておくのも一つの方法と言えます。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング体験談関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2018 ゼニ武士 All Rights Reserved.