キャッシング体験談

携帯の機種変時に滞納が発覚。消費者金融にたすけられた|27歳男性 会社員

zenizamurai057

怪我や病気で今すぐ金が必要なこつあるばい。そがときは、高額医療費貸付制度も利用しつつ思い切って借りるちゅーのも手じゃと思うぜよ。

僕は携帯電話の機種変更する時に仕方がなくキャッシングを利用したことがあります。
とは言っても時間が欲しい携帯電話を購入するためにキャッシングしてお金を借りたのではなく、僕は機種変更しようと思ったタイミングで過去の滞納が発覚したからです。

もちろんこの滞納に関しても僕がしたものではなく、僕は常にしっかり支払いをしてきていたのですが、機種変更しようと思って携帯電話ショップに行って驚きました。

携帯電話機種変更する際などには必ず所定の審査があり、この審査に通過しなければ割賦での支払いが出来なくなっているのですが、この時に以前の滞納額6万円出せと言われたんです何かの間違いだと思い、僕はこれまで滞納したことは一度もないし、もう一度調べ直してくれと言って詳しく調べてもらったところ、以前名義を貸していた兄が滞納していたことが分かりました。

確かに4年ほど前、兄が携帯電話を持つため名義を貸してほしいと頼んできたので、特に何も考えず名義を貸したことがありました。

しかしその兄は僕に内緒で携帯電話の料金を支払わず踏み倒した状態でそのままにしていたんです。
この料金がここで発覚してしまい、この6万円を支払わなければ僕は機種変更することができませんでした。

そのため一度は携帯電話ショップをあとにしたのですが、すぐさま兄に電話をかけてかなりの勢いで怒ったと思います。今になって考えてみれば、兄は僕に名義を借りた携帯電話から今の電話番号に変更しているので、その時点で気が付けばよかったのですが、その時もやはり特に気にせず単純に電話番号が変わっただけだと思っていました。

まさか滞納があって番号の変更をしているなんて思いもよらなかったので、なんてことをしてくれたんだとすごい剣幕で怒ったのですが、それでも兄は今すぐ6万円なんて払えないと言うし、僕は携帯電話の調子も悪くすぐにでも機種変をしたかったので仕方なくキャッシングをしました。

兄の滞納を解消。お金も払って機種変更できました。

ちょうど家に帰るまでの道路に無事契約してあることを知っていたので、直接ここで申し込みをしたのですが、今ではインターネットから申し込みができるようになっているそうですね。

僕は直接無人契約機で行ってしまったので、その場で審査が行われ、お金を借りることができましたが、この時の審査で過去の携帯電話の滞納が営業しなくて良かったと思っています。

自分が滞納したものでなくてもやっぱり自分の名前が使われていれば影響してしまうこともなかったし、二度と身内であっても、携帯電話の名義を貸すなんていうことはしないと誓いました。
翌日無事に機種変更をすることができて今では新しい電話を使っていますが、兄は少しずつお金を返してくれています。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング体験談関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2018 ゼニ武士 All Rights Reserved.