キャッシング審査関連

ネット完結・無人自動契約機、カードローン申し込みガイド

zenizamurai186

申込みの方法と必要なものを簡単にまとめたきに!これからキャッシングカードローン申し込むちゅーやつは参考にしたらよか!

■どちらでも必要なもの

  • 身分証(免許、保険証など。念のため2つ)
  • 会社の情報(社名・電話番号・住所・従業員数・所属部署名など)
  • 収入証明書(希望金額が多い or 自営業の場合)

■流れを超簡単に

  • ネット完結…「フォーム記入」→「確認電話来る」→「融資OK」
  • 無人契約機…「フォーム記入」→「無人契約機行く」→「融資OK」

です。どちらでも「最初はネットの申込みフォームで」記入します。
(無人契約機でも、その方が楽です)

■ネット完結の流れ

  1. サイトのフォームから申込み
  2. 申込み内容の確認電話が来る
  3. 在籍確認の電話が来る(職場に)
  4. 融資決定。金利などの説明の電話が来る
  5. 現金ゲット

■無人契約機の流れ

無人契約機で全部やるのは、非常に面倒です(入力など、タッチパネルで行うので)。
ここでは、「事前にネットで申込み」→「仕上げのみ、無人契約機」というパターンを説明します。

  1. サイトのフォームから申込み
  2. 申込み内容の確認電話が来る
  3. 無人契約機に行く
  4. 本人確認書類を出す(マシンでスキャン)
  5. 契約書・カード発行(マシンから出てくる)
  6. 現金ゲット

【目次】

1.『ネット完結』の流れ

1-1.『申込みフォーム』で記入する内容一覧
(1)名前・住所など
(2)自宅について
(3)会社について
(4)借入状況

1-2.『申込み内容の確認電話』で聞かれる内容
1-3.『在籍確認の電話』の内容&なしで済ませる方法
1-4.融資決定&現金ゲット(2通りの方法)

2.『無人契約機』の流れ
2-1.『フォーム記入』&『記入内容の確認電話』がくる
2-2.無人契約機に行く
2-3.本人確認書類を出す(マシンでスキャン)
2-4.契約書・カード発行&現金ゲット

3.まとめ『作業自体は超簡単。稼ぎがあるか&他社の借入がないか、だけ』

1.ネット完結の流れをさらに詳しく

1-1.『申込みフォーム』で記入する内容一覧

筆者がSMBCモビットで申し込みした時の例です。
全体で6分~8分ほどで記入できます(その人のタイピング速度にもよります)。

以下、詳しい項目です。
*「会社名」とか、当たり前のものは省略。

(1)名前・住所など

(2)自宅について
・種類…一戸建て or マンション
・形態…持ち家、賃貸、社宅、官舎・公務員住宅…など
・名義…家族 or 自分

(3)会社について
・就業形態…正社員、契約、嘱託、アルバイトなど
・種類…法人、公的機関、協同組合…など
・入社年月日
・保険証の種類…社会保険、組合保険、国民健康保険…など
・年収…去年のもの。手取りでなく「税込み」

(4)借入状況
・無担保ローンの借入件数
・希望金額…10万~500万円

(1)~(4)、どれも1分~3分あれば記入できるものです。
(事前に情報を揃えていれば)

1-2.『申込み内容の確認電話』で聞かれる内容

これは、特別なことはありません。
普通に確認されるだけです。ファミレスのメニューの確認みたいなものです。

一番の目的は「その電話番号が、本当に通じるか」ということ。
あと、業者も企業である以上、こういう確認をしっかりしないといけないので、念の為にするだけです。

1-3.『在籍確認の電話』の内容&なしで済ませる方法

職場に電話されます。
「ジョンと申しますが、ポールさんお見えですか?」というように、個人名で聞かれます。

「職場の人にバレる確率」は低いです。
確認電話をするのは「そればかりしているプロ」の方であり、うまくごまかす技術にも長けているため。

本当に在籍しているなら、これで融資は確実にOKです。
しかし「それでも電話してほしくない」という場合もあるでしょう。

その時は「社員証などの提出」で、電話なしにしてもらえることも。
書類は「社員証、収入証明書(源泉徴収票など、会社名がわかるもの)」です。

1-4.融資決定&現金ゲット(2通りの方法)

(1)融資決定

在籍確認さえできたら、もうOK。
最後の金利などの説明も、手短に終わります。

(お金を借りる人が急いでいるのは、業者が一番よく知っているので)

(2)現金ゲット

2通りの方法があります。

(1)あなたの銀行口座に振り込んでもらう
(2)ATM(プロミスなどの専用ATM 、コンビニ・銀行のATM)で引き出す

銀行の営業の終了時間(15時)が近づいていたら、(2)の方法で受け取ります。

2.無人契約機で申し込む場合

2-1.『フォーム記入』&『記入内容の確認電話』がくる

…これについては、ネット完結の時と同じです。
違いはここからです。

2-2.無人契約機に行く

「SMBCモビット」などの看板がある場所。駅前などに多いです。
「あそこにあったな」と記憶していたら、そこに行けばOK。

正確な場所は、各業者のサイトでわかります。
看板がなくても「小型のマシン」もあちこちにあります。

(証明写真の撮影マシンのようなものです)

開いている時間は「大体9時~21時まで」。
業者・無人契約機・曜日などによって微妙に違いますが、この時間帯は、ほとんどの無人契約機が開いています。

2-3.本人確認書類を出す(マシンでスキャン)

・身分証明証(免許、保険証、パスポートなど。念のため2種類)
・収入証明書(希望金額が多い時 or 自営業の場合)

希望金額は「50万円まで」は、収入証明書なしで借り入れ可能(大抵の場合)。
自営業は不安定なので、50万円未満でも収入証明書が必要です。
(納税証明書など)

2-4.契約書・カード発行&現金ゲット

契約書&カードは、普通にマシンから出てきます。
そして、ATMがすぐ隣にあるので、カードを挿入して、現金を引き出します。

3.まとめ『作業自体は超簡単。稼ぎがあるか&他社の借入がないか、だけ』

どちらから申し込む場合も、作業は超簡単。
というのは、業者としては「貸したくて仕方ない」からです。

多くの方が勘違いしていますが、業者は「貸したがって」いるのです。
「業者は貸ししぶる」と感じるのは、失礼ですが「収入の少ない人」「借入が多すぎる人」だけです。

業者が「貸したがって」いる以上、申込みの作業は当然「驚くほど簡単」なんですね。
(簡単にすればするほど自社が儲かるのですから、彼らも必死で簡単にしてくれます)

だから、申込みの「作業自体」は本当にカンタン。
課題は「稼ぎがあるか」「他社の借入がないか」だけなんですね。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2018 ゼニ武士 All Rights Reserved.