キャッシング審査関連

フリーターのキャッシングは可能?審査は厳しい?

ウエイトレス

フリーターの借入は厳しいという話をよく耳にするけど、実際のところはどうなの?

現在では、2010年に貸金業法第13条の2第2項の規定という法律が制定されたことにより、借入審査が大変厳しい条件になっています。

貸金業法第13条の2第2項の規定は、借金は年収の3分の1までと定めた法律ですが、では、アルバイトで生計を立てているフリーターと呼ばれる人たちは、消費者金融などを利用できるのでしょうか?

結論としては、収入の3分の1までの範囲であれば、キャッシングサービスを利用することが出来ます。

しかし、正規雇用で働いている人に比べると、やはり審査は厳しい傾向にはあるようです。

なぜなら、フリーターはやはり雇用状況が不安定であるため、貸す側にとっては信用度が低いというのが原因です。つまり、審査の際には、この信用度を高める必要があるのです。

信用度を高める具体的な条件とは、ほとんどの場合、アルバイトを長く続けていることや、毎月安定した収入があるという実績が必要となります。

アルバイトでも長い年月働いていれば、借りられる可能性が高い

逆に言えば、これらの条件を満たしていれば、信用度を上げることができますので、問題なく借入審査は通過できるということになります。

また、貸金業法第13条の2第2項の規定の借入制限があるため、まとまった金額を借り入れたい場合には、やはりそれなりの収入が必要です。

まず、フリーターの方でキャッシングを利用したい人は申し込んでみる!

ということをお勧めしますが(申し込んでみないと解りませんし、30分程度ですぐに結果が出るので)、やはりちょっと不安で出来るだけ可能性を上げておきたいという人は、出来るだけ就業期間を長く出来るような工夫をしてみてください。

たとえば、就業期間が1年半で見習い期間が半年あったとしたら2年と記入するとか、あからさまな悪意あるウソにならない範囲であればそれほど大きな問題はないのではないかと思います。他にも、引っ越しを何度もしているような人はあまりいい印象が持たれませんので、その点も注意して申し込むようにしてください。

審査のポイントは安定感のある人ぜよ。
フリーターだろうと一つの職場で長く働けば、安定した収入と見られるちゅうことは、世の常なんじゃ。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2018 ゼニ武士 All Rights Reserved.