キャッシング審査関連

審査・金利の違いを解説!!おまとめローンと普通のカードローン

イメージ099

おまとめローンをするときは、いくら借りるかによって金利が変わってくるのじゃから、業者選びの際は一番お得に借りられる業者を選ぶことじゃな!

なぜ借金の一本化に融資が必要なのか?

借金の一本化というのは「ムダな業者を、全部完済する」ということです。
完済するには、当然お金が必要です。

もし貯金がある人なら、それを使って完済すればいいでしょう。
しかし、多重債務に陥る人に、当然そんな貯金があるはずはありません。

ということは「借りる」わけです。
しかし、ここで問題があります。それが「総量規制」です。
「年収の3分の1までしか借りられない」ということですね。

すでに年収の3分の1まで借りてしまっている。
あるいは、もうそれに近い金額である…。
という人の場合、借金の一本化のための資金も、借りることができないのです。

貯金もない、追加の借り入れも出来ない―。
となれば、もう借金の一本化をする方法はありません。

あとは「日払いのアルバイトをする」程度ですが、そうやって地道にゆっくりした一本化をしていると、その間にもどんどん高い利息が発生してしまいます。
それでは多重債務者がかわいそうだ、ということで国が作ったルールが「総量規制の例外」というものです。

多重債務者の救済のために、例外を作った

総量規制に例外を作り、上のようなケースでは「特別に年収の3分の1以上借りてもいい」ということにする―。
こうしたら、この多重債務者は救われるわけです。
貯金はなくても、追加の借り入れによって、借金の一本化できるわけですね。

というように「借金の一本化のために使う」という条件で、特別に総量規制をオーバーして融資する…というのがおまとめローンです。
そのために作られた、特別なコースというわけですね。

なので、普通のカードローンとはまったく違うのです。
借りて返済するというシステムは当然同じですが、目的が根本的に違うんですね。

おまとめローンを提供している消費者金融

消費者金融でおまとめローンを提供しているのは、プロミス・アイフル・アコムの3ブランド。
それぞれのおまとめローンの名称を箇条書きすると、下の一覧になります。

  • プロミス…「貸金業法に基づく おまとめローン」
  • アイフル…「おまとめMAX」
  • アコム…「貸金業法に基づく 借換え専用ローン」

アイフルのみ名前が違うと思われるかも知れませんが、アイフルのおまとめMAXにも正式名称があります。

正式名称は「貸金業法に基づく 計画返済支援おまとめローン」というもの。
長いのでアイフルもおまとめMAXという愛称を用意していますし、利用者もおまとめMAXで馴染んでいるので、ここではこう書きました。

消費者金融のおまとめローンの金利を比較

上の3業者のおまとめローンを、金利で比較してみましょう。

  • プロミス…6.3%~17.8%
  • アコム…7.7%~18.0%
  • アイフル…12.0%~15.0%

この一覧を見てわかることは、まず最高金利(上限金利)は、アイフルが一番安いということ。
2位のプロミスでも「17.8%」なので、2.8%の差をつけています。

そして最低金利(下限金利)はプロミスが一番安くなっています。
6.3%ということで、2位のアイフルの12.0%の半分に近い低金利です。

下限金利・上限金利が安いメリット

下限金利・上限金利、それぞれが安いメリットを説明すると、下のようになります。

  • 下限金利が安い…借入金額が大きい時に有利
  • 上限金利が安い…借入金額が小さい時に有利

…という風です。
問題は、どのくらいで「大きい、小さい」という判断するかですね。

150万円まではアイフル、それ以上はプロミス

結論を言うと、この3サービスのおまとめローンの場合「150万円前後」まではアイフルが一番安い金利です。
逆に150万円あたりを超えると、プロミスが一番安くなります。

この辺の金利は「○○万円でいくらとハッキリ決まっているわけではありません。
銀行カードローンだとハッキリ決まっている(部分もある)のですが、消費者金融はもともと決めていないのです。

借入金額だけでなく、その人のクレジットスコアなども見て、総合的に金利を決めるということですね。
信用できる人には低金利で融資します。
信用出来ない人は高金利で貸し出す(ヤミ金がその究極です)。

ということで、あくまで大体ですが、上にも書いた通り「150万円まではアイフル、それ以上はプロミス」という風に、使い分けるといいでしょう。

(もっとも、おまとめローンだと150万円くらいは簡単に超えるとは思いますが…)

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.