キャッシング審査関連

(おまとめローン)借金一本化後に追加で借入れは可能?その方法とは?

イメージ101

この場合、即日審査・借入を希望の場合は消費者金融で借りるぜよ!じゃがのう、高額を借入することになるおまとめローン・・・急いでお金が必要な場合以外は、金利の安い銀行カードローンにすべきじゃな。

消費者金融のおまとめローンで一本化する

当然ですが、このように「借金の一本化した後、新規の審査を受ける」という場合、時間が重要です、
即日審査に通るおまとめローンでないといけない、ということですね。

銀行でも即日審査可能なおまとめローンはありますが、消費者金融と比較すると、当日審査できる可能性はだいぶ低くなります。
消費者金融の場合は、ほぼ確実に当日審査できます。

アコム・プロミスは必ずその場で回答

たとえばプロミス・アコムの場合、自動契約機と店頭で審査を受け付けしています。
そして、おまとめローンの審査の場合どちらも、その場で必ず回答となっています。

アイフルはネット申込みから始めて、そこで審査に受かったら、店舗に行って契約―という形です。
ネット審査は「必ず当日回答」とは書かれていませんし、当然ですがネット申込みである以上、申込み時間にもよります。

しかし、普通のカードローンの審査と同様、午前中など早めの時間帯に申し込めば大丈夫でしょう。
というように、消費者金融では通常のカードローンとほぼ同じように、おまとめローンでも即日借り入れができるのです。

なので、おまとめローンの後で新規のキャッシングやクレジットカードの審査に申し込む…という場合は、これらの消費者金融のおまとめローンで申し込むことを、断然おすすめします。

銀行カードローンで申し込むメリットは?

これは「急いでない場合」です。
急ぎでなければ、本来おまとめローンは低金利の銀行カードローンでするべきものです。

おまとめローン(借金の一本化)というのは「長期間かけて、大きい金額をゆっくり返済していく」というものです。
(別に一気に返済してもいいですが、大きい金額なので、どうしても時間がかかります)

このように「高額を長期間」という借り入れの場合、金利が極めて重要なのです。
「少額を短期間」だったら金利の影響は小さいですが、借入金額が大きいほど、返済期間が長いほど、金利は大きくのしかかるんですね。

ということで、本来はおまとめローンというのは銀行で借りるものなのです。
急ぎの場合は、上に書いたように即日借り入れできる消費者金融で申し込むべきですが、急ぎでないなら、銀行カードローンで申し込むべきなんですね。

なぜ一本化すると審査に通りやすくなるのか

これは、キャッシング審査では「借入総額」よりも「借入件数」が重視されるからです。
借入総額が多くても、借り入れが1件だけだったら、そんなに問題ないということですね。

逆に借入総額は多少少なくても、借入件数が多いのは問題視されるのです。
特に3件以上借りていると自動的に審査落ちする、という業者・銀行もいくつかあります。

なぜ借入件数が重要なのか?

これは、一つの業者からたくさん借りているというのは、ある意味信用の証だからです。
その業者が、その利用者に対してそれだけリスクを背負っている、ということですね。

この感覚は日本人に欠けているのですが、実は借金というのは、ある意味信用の証なのです。
たとえば、歌手のさだまさしさんは、若い頃に、映画製作のために28億円の借金を背負いました(利子まで含めると35億円)。

しかし、これは「28億円も彼に貸す人がいた」という、実力の証なんですね。
普通の人が「28億円融資してください」といっても、絶対に借りられません。

というより、各業界で話題になっているベンチャー企業でも「1.8億円の資金調達に成功」などとニュースになっているくらいです。
それらと比較すると、個人で28億円を借りたさだまさしさんが、いかにすごいかわかるでしょう。

…という風に、借金というのは、実は「信用の証」でもあるのです。
だから「一つの業者からたくさん借りている」というのは、そんなにマイナスではないんですね。

複数の業者から少額借りているのが最悪

逆に最悪なのは、たくさんの業者から、10万円などの少額を借りているケース。
これは「すべての業者が、その人を信用していない」ということを意味するからです。

もちろん、「どこからも借りられなかった」人よりはマシです。
これはこれで、審査落ちの結果が個人信用情報に残っています。

なので、全部落ちた人よりはまだマシですが、それでも上に書いた「一つの業者からたくさん」の人には劣るんですね。
同じ借入総額の場合。

ということで、借入総額が同じなら、できるだけ一本化した方がいいのです。
なので、新規のキャッシングやクレジットカードを申し込む前に、一本化するのは有効なんですね。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.