キャッシング審査関連

カードローン・キャッシングの審査で提出する書類は何が必要?

zenizamurai054

申込む時って何が必要なんじゃろうか?必要な書類は事前に準備しておいた方が効率的じゃけ!

さて、今回はカードローン、キャッシングを申し込む時に「どんな書類が必要か?」について詳しく解説していきましょう。カードローンやキャッシングの場合は、どんな金融機関、消費者金融業者で申し込みをした場合であっても必ず必要な書類があります。

カードローン・キャッシング申込み時に必要な書類

●本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

●お住まいの住所が本人確認書類と異なる場合

  • 国税、地方税の領収書
  • 納税証明書
  • 社会保険料領収書
  • 公共料金の領収書 など

免許証などの本人確認書類は絶対に必要です。原則として運転免許証もしくはパスポートになります。基本的に、顔写真入りの身分証明書が必要になりますので覚えておくと良いでしょう。学生専門のキャッシングなどに申し込みをする際には運転免許やパスポートを持っていない場合もありますが、この場合には同じく顔写真入りの学生証の提示があれば審査をしてくれるような会社も増えてきました。

さて、このような書類に関して、現在ご自身が生活をしている住所と明記されている住所が違わなければなんの問題もありませんが、万が一「引っ越したばかりでまだ住所を変えていない」、「住民票は実家からずーっと動かしていない」というように“現在の住所と実際の住所が異なる”場合には追加の書類が必要になるので注意が必要です。

このようなケースで必要になってくるのは、公共料金の支払い領収書などになるのですが、ご本人宛に届いた公共料金の請求書または領収書も現在の住所確認可能となり、これで審査が行われます。

●収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書 など

原則として近年では消費者金融でキャッシングの審査をする際にこのような身分証明書があれば良いのですが、その他会社によっては収入証明書類を提示してくださいと言われることもあります。ただし、収入証明書は借入希望額がすくなければ原則として不要となるケースが多いです。

●各社の収入証明書の取り扱い

収入証明書の提出
SMBCモビット 基本的には必要
プロミス 50万円を超える希望額、もしくは、今回の希望額+他社での借入合計額が100万円を超える場合は提出が必要
アコム 50万円を超える希望額、もしくは、今回の希望額+他社での借入合計額が100万円を超える場合は提出が必要
アイフル 50万円を超える希望額、もしくは、今回の希望額+他社での借入合計額が100万円を超える場合は提出が必要
レイク 100万円以下は不要
ノーローン 50万円以下は不要
東京三菱UFJ銀行バンクイック 100万円以下は不要
オリックス銀行カードローン 300万円以下は不要
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 300万円以下は不要

基本的に“少額の借入”であれば収入証明書の提出を求められることは通常ありません。

●その他

  • 住所
  • 連絡先

最後に念のため書いておきますが、当然、住所や携帯電話などの連絡先は必要です。必要書類とはちょっと違いますが、電話での連絡が取れない場合などは申し込みが出来ません。

事業用の借入の場合には借入先も提出書類も変わってきます。

目的フリーのキャッシングをする際には、上記したような書類を提出すれば良いといった会社がほとんどですが、例えば事業用資金のキャッシングをしたいといった場合などには会社に関係する書類も提出しなければなりません。

そうなると確定申告書類やその他にも事業報告書などが必要になってくる場合がありますので、前もって確認した上で必ず揃えておくようにしてください。どんなにスピーディーな審査をしてくれるキャッシング会社であっても、こうした書類に不備があれば迅速な審査をすることができなくなってしまいますので、審査結果がわかるまで、そして実際にお金を借りるタイミングが先になってしまいます。

参考情報:審査にかかる時間はどれくらいか?知りたい方はこちら

その他に一応知っておいた方が良いこと

運転免許証に関しては、変更事項が裏面に書いてあったりする人は、裏面もしっかりコピーを取った上で提出しなければなりません。近年では銀行口座からの引き落としによる返済を取り扱っている金融機関が減ってきましたが、万が一このような方法で返済をしていくのであれば、もちろん口座情報も提出しなければなりませんので銀行口座からの引き落としをする際の手続き申請書も記入した上で提出しましょう。

また、こちらも最近は契約形態によってはほとんどありませんが(書類の提出などネットで完結してしまうのがほとんど)、郵送で契約書が送られてくるキャッシング会社の場合には契約書類の必要な部分に署名や捺印などを行って返送しなければなりません。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2018 ゼニ武士 All Rights Reserved.