キャッシング審査関連

キャッシング・カードローンの使用目的は?理由はどうしたらいい?

zenizamurai032

キャッシングは使用目的を問わないフリーローンじゃ。もし、聞かれても生活費の補填が無難じゃき!

キャッシングの申し込みする際には会社によってお金を借りる目的を効かれることはほとんどありません。申込みフォームにも入力欄は通常ありません。仮に、本人確認などの電話口で「利用目的」について聞かれたとしても、正直に答えて大丈夫です。ここでの理由についてあまり深く考えることはありません。

キャッシングはいわゆる用途を問わない「フリーローン」です。住宅ローンや車のローンなどの場合には目的がはっきりしていますので、このような目的以外でお金を借りることができませんが、利用目的がフリーのキャッシングを利用する場合には、自分の欲しいものを購入したいからお金を借りたいと言う理由や、今月は給料日までの生活費が少し足りないなどといった理由がきっとあるでしょう。

このような理由を正直に話しても話さなくても、大きな問題ではありません。
どうしても欲しいものがあるからと言う人や、家電が壊れてしまい早急に買わなければならないという人などがいますが、この他には引越しをしたいと言う人などもいるようです。

2011年の金融庁の統計データですが、以下のような結果になっています。多くはやはり生活費関連、普通に生きていてどうしても削れない生活費や教育費などが約26%と目立ちます。

  • 生活費・教育費等の不足・・約26%
  • 商品・サービスの購入・・約6.5%
  • ギャンブル・遊興費・・約5%
  • 事業資金・・約5%
  • 借金の返済(住宅ローン等含む)・・約6%
  • 病気やけがなど(家族含む)・・約3%
  • その他・不明・・約50%

もし、どんな利用目的かを聞かれたときのワンポイントアドバイス

理由によって審査結果に大きな影響を及ぼしてしまうという心配はありませんので、差し障りの無い理由を自分の中で考えておくと良いでしょう。

最近はどのような目的でお金を借りたいのか聞かれてしまうことも少なくなりましたが、それでも一部の金融機関では、確認電話の際に聞いたりすることがあるので、念のため考えておいた方が良いかもしれません。

冠婚葬祭などで急にお金が必要になったなどと言うのもキャッシングを利用する人の理由として非常に多くなっています。利用目的がフリーのキャッシングというのはあくまでもどのような理由であれ申込者の様々な条件によって融資が受けられる額が決定するので前述の通り、利用目的そのものはプラスにもマイナスにもならないと思っておきましょう。

ただ例外として、他社での借り入れ金額を返済したいといった場合には経済的に苦しい事情があるのかもしれないと判断されてしまう事があり、審査に落ちるようなケースもあります。おまとめローン(計画返済支援のための融資)としての申し込みでなければ他社の返済に充てることなどは言わない方が良いのかもしれません。

初めてキャッシングを利用する人はどんな理由を伝えれば良いのかと、いろいろ考えたり悩んだりしてしまうことがあるようですが、深く考えなくても、収入や勤続年数などが条件をクリアしていればお金を借りられるので、理由に何時間も何日も悩んでしまうような事は避けましょう。キャッシングを利用する理由というのは人によって様々ですので、どんな理由であっても恥ずかしいと思うような必要はありません。

特に冠婚葬祭が急に入ってしまったなどの場合には正直にお金が必要な状況として考えられるので、融資にメリットを与えてくれるのかもしれません。経済的にとても苦しいと思われてしまうような条件でなければ確認電話なかかってきた段階で本審査をクリアしているも同様になるので、前述の通り、必要以上に悩まないようにしましょう。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2018 ゼニ武士 All Rights Reserved.