モビット

モビットで土日にお金を借りたい!土日の審査や融資について他社比較

イメージ055

土日融資の最大のポイントは在籍確認にあるんじゃが、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座があるんじゃったらモビットをオススメするぜよ!

電話連絡を回避できるのは、モビットとアコムだけ

勤務先への電話確認を回避できるのは、公式にやり方が決まっているのは、モビットとアコムの2サービスだけです。

先にも書いた通り、土日審査では「会社への電話連絡を回避できる」というのが重要なポイントなので、その点で、モビット・アコムは有利だといえます。

指定の銀行口座があれば、モビットが一番簡単

モビット・アコムの「電話連絡なし」のやり方を比較すると、モビットの指定の銀行口座さえあれば、モビットの方法が一番簡単です。
モビットの指定銀行というのは、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行。
このどちらかの銀行口座があれば、モビットでは電話連絡を回避できます。

これだけではなく「給与明細」「会社の保険証」を提出する必要がありますが、このくらいの条件は誰でもクリアできるでしょう。
会社員・OLの人なら、これらの書類は確実に持っているはずですし、特に問題ないはずです。

限度額を減額されてもいい場合は、アコム

アコムはモビットと違い、基本、電話連絡必須になっています。
なので、一度は必ず確認電話がかかります。
そして、その確認電話がつながらないなど、「電話確認失敗」となったら、限度額10万円以下にして融資する…という風です。

そして、後日確認が取れたら本来の限度額まで増額する…というのがアコムのやり方。
こちらから自主的に電話連絡なしにする方法はないのですが、一応電話連絡なしでも審査通過可能となっています。
(なしというより失敗しても、ですが)

ということで、土日・祝日・夜間などで職場がしまっている時に申し込みし、限度額が10万円以下でもいいなら、アコムを利用するのも手でしょう。

モビットは、土日の即日振込みはできない

モビットは土日・祝日でも即日借り入れ自体はできるのですが、銀行振り込みで借り入れする…ということはできません。
つまり、ATMから現金で直接引き出す…という借り方です。
これだったら借りられます。

銀行振り込みができないのは、当然ですが、銀行が閉まっているからです。
なので、同じ即日借り入れでも、銀行振り込みが必要という人の場合は、三井住友銀行やジャパンネット銀行に振り込んでもらえるプロミスか、楽天銀行に振り込みしてもらえるアコム・ノーローン、で申し込むといいでしょう。

しかし、基本的に銀行振り込みでなくても、現金で借り入れできれば問題ないはずです。
なので、多くの人はモビットでも特に土日融資の不便は感じないかと思います。

土日の即日審査の受付時間は、20時まで

モビットの土日・祝日の即日審査の受付時間―。
これは平日と変わりません。夜間の20時までです。

当日中の審査回答時間が、他の消費者金融と同じく、モビットも21時までとなっています。
なので、審査所要時間が1時間として、回答時間の締め切りの1時間前で、20時までに申し込めばいい…ということですね。

モビットの審査にかかる時間は、最短なら30分。
なので、例えば20時30分に申し込んでも、土日融資に間に合う可能性もあります。

しかし、土日に借りるような事態というのは、そもそもかなり急ぎのはずなので、万が一にも「間に合わない」というケースは避けたいでしょう。
なので、確実に間に合うためにも、20時までに申し込むことをおすすめします。

ゼニ侍がオススメするカードローン

モビット関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.