モビット

借入可能?モビットなら10秒簡易審査で仮審査がとっても簡単にできる!

イメージ053

モビットの10秒簡易審査はかなり正確に審査してくれるんじゃが、その質問項目は細かいからの~ここで正確に回答することが重要なんじゃぞ!

なぜ10秒簡易審査ができるのか?

モビットの10秒簡易審査は、完全に本審査と同じ項目が聞かれます。
自宅情報・勤務先情報・借入情報…と、すべて細部にわたって質問されるのです。

「細部にわたって」というと、モビットの審査が細かいようですが、別に厳しいわけではありません。
普通の消費者金融の審査でも聞かれる「本番の項目」をすべて聞かれる、ということです。

で、そのようにすべての審査項目について回答して、送信すると10秒で簡易審査結果表示ということですね。
ウソのように早いですが、コンピューターを総動員して、申し込み者の送信した情報を元に、融資可能かどうか判断するわけです。

実際の本審査の結果とは違うことも

当然ですが、実際の本審査では違う結果が出ることもあります。
モビットの10秒簡易審査は正確ですが、あくまで「送信された情報」を元にしているだけであり、本人確認書類は確認していないし、個人信用情報もチェックしていないからです。

なので、本人確認書類に不備があれば当然審査落ちしますし、個人信用情報にブラックな履歴があったりすれば、当然審査落ちします。
というように主に「本審査で落ちる」という方向で、仮審査とは結果が違う…ということが多いのです。

仮審査で落ちて、本審査で受かることはある?

これはほぼありません。
他の消費者金融の借入診断ならともかく、モビットの仮審査(10秒簡易審査)というのは、完全にすべての情報を記入したものです。

それで落ちたということは、その情報の中に、すでに落ちる要素があったということ。
たとえば「年収が少ない」「勤続年数が短い」「職業が不安定」…というような条件です。

この時点でもう審査落ちしているわけですから、その後の個人信用情報を見ても、プラスに転じるということは、めったにないんですね。

クレジットヒストリーが劇的にいい場合

例外はあって「クレジットヒストリーが劇的に良好」という場合は、通る可能性があります。
つまり「大量に借りて、大量に返済している」ということです。

わかりやすく言うと、モビットの審査部が見て「何、この人」と驚くくらい、たくさん借りてたくさん返済している人は、通る可能性がある…ということです。

このようなキャッシングの履歴はクレジットヒストリーというのですが、これはキャッシング審査では点数化されています。
その点数をクレジットスコアというのですが、これが高い人は、年収が低かろうと、職業が不安定だろうと、キャッシング審査ではかなり有利になるのです。

なので、最初の申し込みで記入した情報の不利を覆すくらい、クレジットスコアがいい場合は通る可能性もあります。
もっとも「たくさん借りてたくさん返済する」ためには、年収が必要ですし、借りるためにも信用がいるので、その信用を得るためにも、やっぱり職業が安定している…というのが普通なのですが。

(つまり、こういう劇的な逆転はあんまりない、ということです)

モビットにもお試し診断はある

モビットの仮審査は、基本的にここまで書いたような「本審査に近い10秒簡易審査」のことを言います。
しかし、他社がやっているようなお借入診断(お試し診断)もあります。

モビットのそのお試し診断で聞かれる項目は、「生年月日・税込年収・他社借入金額」の3つの項目だけです。
10秒簡易審査のようにしっかり全部の項目を記入しなくていいので、「とりあえず大体の診断をしたい」という場合はおすすめです。

(というより、誰でも最初にこれをやるでしょうが)

住宅ローンやクレジットカードは除外

このモビットのお試し診断では、他社借入金額の部分で「クレジットカード・銀行カードローン・住宅ローン・自動車ローン」は除外しています。
住宅ローンと自動車ローンはわかるのですが、「クレジットカードや銀行カードローンを除外していいいのか?」という不安は少々あります。

(特に銀行カードローンは、どう見ても借金ですからね)

しかし、モビットだけでなく他の大手の消費者金融もほぼこのルールでやっています。
実際の審査でもこれとまったく同じ基準で融資されるかは、わかりません。

しかし、お借入診断でこのようになっているということは、本審査でもこれに近い基準で審査されるでしょう。
(でなければ、このようにハッキリと、お借入診断でも明記しないはずなので)

ということで、現時点の借入総額のうち、クレジットカードや銀行カードローンが多いという人は、モビットでは意外と大きい金額を借りられる可能性が高いです。
まずは一度、このお試し診断をやってみてください。

ゼニ侍がオススメするカードローン

モビット関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.