みずほ銀行カードローン

一目でわかる!金利・審査を公開!みずほ銀行カードローンのおまとめローン

イメージ045

みずほ銀行カードローンのおまとめ金利は低いんじゃが、実は借入金額によっても変わってくるきに、申込み前にしっかりと計算して、どこで申し込むのが一番お得かどうか検討することじゃな

みずほ銀行のおまとめローンはお得?

みずほ銀行のおまとめローンが得かどうかは、実際に金利を見てみるのが一番です。
金利は借入金額が大きければ大きいほど小さくなるので、それぞれの借入金額でいくらの実質年率になるのか、一覧で見てみましょう。

みずほ銀行の限度額ごとの金利一覧

金利は借入限度額ごとに変わります。
ここでは、みずほ銀行の借入金額ごとの金利を一覧にします。

10万円以上100万円未満 14.0%
100万円以上200万円未満 12.0%
200万円以上300万円未満 9.0%
300万円以上400万円未満 7.0%
400万円以上500万円未満 6.0%
500万円以上600万円未満 5.0%
600万円以上800万円未満 4.5%
800万円以上1000万円以下 4.0%

おまとめローンとしてみずほ銀行を利用する場合も、この金利が適用されます。
で、これだけでは高いか安いかわからないでしょう。

なので、オリックス銀行カードローンと比較してみます。
オリックス銀行は「借入金額が大きい時に低金利」のカードローンですし、おまとめ・借り換えOKなので。

オリックス銀行カードローンと比較すると…

オリックス銀行の金利の中で、おまとめローンに関係する部分(実際に多くの人が借りる金額)のみ抜き出すと、下の通りです。

  • 150万円超300万円以下…6.0%~12.8%
  • 300万円超500万円以下…4.5%~8.8%
  • 500万円超700万円以下…3.5%~5.8%

たとえば「400万円」を借りる場合、オリックス銀行だと大体「6.7%」になります。
みずほ銀行の場合「6.0%」です(確定)。
というように「400万円ならみずほ銀行が安い」ということ。

続いて、「500万円」の場合、オリックス銀行は大体「4.6%」。
みずほ銀行は「5.0%」で確定です。
ということは「500万円だと、オリックス銀行が安い」ということ。

450万円以上で、オリックス銀行が安い

上の2つの計算の中間を取ると「450万円」で、オリックス銀行の方が安くなる、ということです。
逆に言えば450万円までは、みずほ銀行でおまとめローンを利用した方がいい、ということですね。

こうして正確に計算すると、その申し込み者の借入総額で、どの銀行カードローンのおまとめローンがベストなのかがわかります。
「おまとめローンにおすすめ!」とか「業界最低金利!」などという謳い文句に惑わされず、しっかりデータを見て、計算しましょう。

みずほ銀行のおまとめローンの審査

みずほ銀行のおまとめローンの審査は、甘いとも厳しいとも言えません。
基本的に銀行カードローンの平均レベルと思ってください。

ただ、一応公式サイトに「おまとめ可能」と書かれているので、おまとめについて触れていない銀行カードローンよりも、おまとめローンの審査は通りやすいでしょう。

逆に、イオン銀行のようにはっきりと「おまとめローン・ネットフリーローン」のような商品名をつけていたり、オリックス銀行や楽天銀行のように強めに「おまとめ・借り換えOK」を強調している銀行と比較した場合―。
これは少々、みずほ銀行の方が審査に通りにくいといえます。

無収入の専業主婦でもおまとめローンはOK?

みずほ銀行にはおまとめローンというものはなく、通常のカードローンで借金の一本化をします。
ということは、通常のカードローンで収入がない専業主婦が借りられる以上、おまとめローンでもOKということ。

…と言いたいところですが、実際には厳しいでしょう。
というのは、みずほ銀行カードローンで収入がない専業主婦の借入限度額は、基本的に30万円までになっているからです。
30万円では当然借金の一本化はできないので、実質「おまとめローンは不可」ということになります。

ただ、おまとめローンは債務者の救済のために国が支援しているものなので、条件によってはOKになるかも知れません。
つまり、多重債務こそ抱えているものの、これまで返済の遅延・延滞がないなど、クレジットスコアが良好な場合です。

また、みずほ銀行とのこれまでの取引履歴も考慮されるでしょう。
これらの条件によっては、自分の収入がない専業主婦の人でも、みずほ銀行でおまとめローンを利用できるかもしれません。
(かなり難しいとは思いますが)

学生のおまとめローンはおそらく不可能

これに対して、学生の場合はおそらく無理です。
みずほ銀行に限った話でなく、学生でおまとめローンが必要なくらいの多重債務を抱えているというのは、かなりヤバいです。

その借金の一本化を手伝うということは、その銀行がその申し込み者を相当信用していないといけません。
ということで、学生で多重債務を背負うという時点で、キャッシング的にはかなりの危険人物とみなされますから、みずほ銀行でもどこでも、おまとめローンは難しいでしょう。

ゼニ侍がオススメするカードローン

みずほ銀行カードローン関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.