みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの在籍確認を大公開

イメージ049

みずほ銀行カードローンでは在籍確認は必須なんじゃな!在籍確認を避けたいっちゅう人はまずは他の銀行カードローンを選ぶぜよ!

勤務先への電話確認なしにしたい場合、他の銀行で

最初に書いた通り、みずほ銀行カードローンのキャッシング審査では勤務先への在籍確認が必須なので、もし職場への電話連絡を回避したい場合は、その申込者の信用度や状況に合わせた対応をしてくれる、他の銀行カードローンで申し込みしましょう。
具体的に銀行名を挙げると、三菱東京UFJ銀行・イオン銀行・楽天銀行などです。

三菱東京UFJ銀行は申込者に合わせた対応をしてくれる?

上に上げた3銀行の中で、一番申込者のクレジットスコアや状況に合わせた対応をしてくれるのは、三菱東京UFJ銀行です。
理由はテレビ窓口によって土日・祝日でも審査できるからです。

土日・祝日や夜間の審査の場合、勤務先への電話確認したくてもできない、という場合は多いです。
勤務先が閉まっているということですね。

三菱東京UFJ銀行カードローンは土日・祝日でも急ぎの申し込みがしやすいと言うのが一つの売りです。
そのため、職場への電話確認が取れないというだけで、明らかに融資してもいい申し込み者を落とす…というのは気が引けるでしょう。

実際、勤務先への電話確認というのは銀行法や貸金業法によって義務付けられているものではありません。
事実、モビットは書類の提出などの厳しい条件付きで電話連絡を回避できるようになっています。

というように、在籍確認は本来してもしなくてもどっちでもいいもの。
なので、「土日・祝日で、職場が休みで在籍確認できない」という場面では、三菱東京UFJ銀行のように「電話連絡なし」になる場合もあるのです。

楽天銀行スーパーローンは少額融資ならOK

続いて在籍確認を回避できるという体験談・評判が多いのは、楽天銀行スーパーローン。
こちらは「30万円以下」という少額融資だったら、電話連絡なしになりやすい…という体験談や口コミが多いです。

これらも三菱東京UFJ銀行同様、あくまで口コミや体験談によるものなので、事実かどうかはハッキリしません。
というより、在籍確認の有無というのは、銀行カードローンの審査の中で、一種のグレーゾーンというか、かなり曖昧な部分なのです。

人間が仕事をしている以上「多すぎて捌ききれない」という時はよくあります。
そういう時「この人の返済能力で、この借入希望金額だったら、どう考えても在籍確認いらないだろ」という場面では、省略するのは正しいのです。

そうしないと審査が遅れて、他の申し込み者の審査に影響が出るわけですから。
こうして時間を短縮して、多くの人の貴重な時間を節約する…というのは大事なんですね。

そうして利用者の時間を節約することは、その銀行カードローンの評判を高めるだけでなく、日本人の時間を効率的にして、日本を良くすることに、わずかながらでも貢献しているわけですから。

ということで、「明らかに在籍確認するまでもない」という場面で、これを省略することは正義なのです。
なので、事実かどうかはわかりませんが、楽天銀行スーパーローンで「少額融資だったら電話連絡なしになる」という可能性は、確かに高いといえます。

イオン銀行は最初から電話連絡なし、という説も

イオン銀行のカードローンBIGについては、かなり信用できるキャッシング情報サイトでも「電話連絡なし」と書かれています。
しかし、一番信用できるダイヤモンド社のサイト『Zai』だと「基本的に、勤務先への在籍確認必須」となっています。

どちらが正しいのかわかりませんが、イオン銀行もやはり「状況によってなしになることもある」というスタンスなのでしょう。
そのため、『Zai』でも「基本的に」と書いているのだと思われます。

銀行カードローンの審査での、勤務先への電話確認は、このように謎のベールに包まれている部分が多いです。
一応、どの銀行カードローンでも「審査が甘い」という評判が立つのは避けたいので、在籍確認必須という看板は外したくないのでしょう。

昔、コメディ歌手の嘉門達夫さんが出したヒット曲の歌詞で「♪『原則として禁止する』は、『許可する』♪」というものがありました。
銀行カードローンの在籍確認は、さすがにそこまでゆるくはありませんが、例外的に、そういうこともあるのかも知れません。

ゼニ侍がオススメするカードローン

みずほ銀行カードローン関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.