三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックで土日の融資、審査を解説

イメージ027

ネット申込みをしてからテレビ窓口にいけば、窓口での手続きは本人確認書類の提出、申込書の提出…と最低限で済むのじゃからおすすめじゃけ

バンクイックの土日審査のやり方

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックの土日審査のやり方―。
これはまず、テレビ窓口に行きます。
テレビ窓口は、三菱東京UFJ銀行のATMコーナーにある無人契約機です。

基本的にATMコーナーにあります。
店舗によってはロビーなどにあり、これらは土日・祝日は開いていないので、利用できません。
この辺は、いつも使っている三菱東京UFJ銀行の店舗で、「そういえば、ATMコーナーにテレビ窓口があったな」と記憶している場合、その店舗に行けばOKです。

利用者の多い店舗の場合は、大抵ATMコーナーに無人契約機(テレビ窓口)が設置してあるので、もし迷った場合は、駅前などの利用者の多い店舗に行けば大丈夫です。

テレビ窓口での審査の流れ

テレビ窓口での審査は、基本的にテレビ電話でオペレーターさんと会話しながら進めていきます。
必要書類はスキャンして送信し、手書きの申込書なども、やはりスキャンして送信します。

個人情報を申込書に記入するのが少々面倒かも知れません。
文字をたくさん書くのが疲れるというのもありますし、何より時間がかかります。
(現代人は手書きで文字を書くことが亡くなったから、なおさらですね)

ネット申込みを先にしてからテレビ窓口へ

ということで、おすすめの方法は先にネット申込みをするということ。
ネット申込みで審査に必要な個人情報をすべて送信した後なら、テレビ窓口では最低限の手続きだけですみます。

最低限の手続きというのは、本人確認書類の提出、申込書の提出…などです。
この申込書の提出についても、記入する必要項目が大幅に減っているので、かなり楽になります。
実質、個人情報を送信するというよりは、契約書へのサインの延長のようなものだと思えばいいでしょう。

テレビ窓口だと、審査待ち時間も短い

これはバンクイックに限らず、すべてのカードローン審査に言えることですが、テレビ窓口のような自動契約機・ローン契約機で審査をすると、待ち時間が少なくなります。

自宅でネット申込みしている人は、その間自由に行動できますが、自動契約機で審査している人は、そこから動けないわけですから、当然ですね。
こちらの申し込み者を優先的に審査する必要があります。

ということで、三菱東京UFJ銀行カードローンの場合も、テレビ窓口で申し込むのが、一番審査時間が短くなる方法なのです。
ただ、先にも書いた通り、長い審査情報をすべて記入するのは大変ですし、時間もかかります。

なので、先にネットで仮審査を受けておいて、その後テレビ窓口に向かって本審査…という流れが一番合理的なんですね。
もちろん、三菱東京UFJ銀行の店舗がある程度自宅の近くになければ、店舗まで行く時間が余分にかかってしまい、ネット申込みだけの方が、借り入れが早かった…ということにもなりかねませんが。

とにかく、三菱東京UFJ銀行の店舗が近くにある場合は、土日審査でもこの方法で申し込むのがおすすめです。

土日・祝日は会社への在籍確認もなし?

バンクイックに限った話ではなく、土日・祝日のカードローン審査で一番の問題となるのが「会社への電話連絡」です。
土日・祝日に会社が閉まっている場合には、当然在籍確認ができないので、このせいで審査落ちした…という話も多く聞きます。

なので、土日の即日キャッシングを考える上で、電話確認を省略できるかどうか…というのは大きな課題なんですね。
その点、バンクイックは土日・祝日・夜間などで会社が閉まっている時は在籍確認を回避できる可能性が高いです。

そういう意味で、土日融資が特にしやすい業者の一つと言えるでしょう。
消費者金融の方が在籍確認回避はしやすいですが、銀行カードローンの中では、バンクイックが一番「在籍確認回避できた」という口コミが多いので、こういう基準で選んでも、土日の即日融資のしやすさ、ナンバーワンと言えます。

ゼニ侍がオススメするカードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.