三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの在籍確認ってどんなもの?

イメージ028

三菱東京UFJ銀行カードローンだったら、在籍確認なしにできる可能性は高いんじゃが、絶対っちゅうことはないきにな~心配じゃったら在籍確認不要の消費者金融にすることじゃな

在籍確認必須でも、なしになることは多い

この辺は銀行カードローンのキャッシング審査のグレーゾーンとも言うべき部分ですが、どの銀行カードローンも一応「在籍確認必須」となっているのです。
実際に「絶対に在籍確認しないとダメ」という銀行カードローンも多いのですが、そうでない銀行カードローンもあります。

たとえば土日・祝日・夜間の申し込みで、職場が閉まっていて、電話確認しようにもできない…という場面。
あるいは、返済能力の高い人で、借入希望金額も小さく、明らかに在籍確認を省略してもいい場面…。

こういう場面では、必ずしも在籍確認をすることだけが正しいわけではないんですね。
確かに破産者を出さないために審査を厳しくすることは大事ですが、明らかに必要ない条件でも厳しくして、他の申し込み者を待たせたりするのは、決していいことではないわけです。

(その人たちが時間を有効に使えば、日本全体が良くなるわけですからね)

ということで、三菱東京UFJ銀行カードローンに限らず、たまに電話連絡がなしになることはありますし、あるべきなのです。
それでも公に「なし」というと、「審査が甘い」という印象を与えてしまうので、正式には「在籍確認必須」となっているわけです。

信用度が高い人でなければ、電話確認される

上のように書いたものの、あくまでこうして在籍確認を省略していいのは「申し込み者のクレジットスコアが高い場合」に限られます。
つまり信用度が高いということですが、そういう人でなければ、バンクイックも含めて、銀行カードローンはやはり在籍確認必須です。

ということで、自分の年収・職業・借入状況・個人信用情報などを客観的に見て、「これなら電話連絡なしでもいいだろう」と思える場合は、バンクイックの土日・祝日・夜間の審査の場合、なしになることもある、と考えてください。
(職場が休みなどの、やむを得ない事情の場合ですが)

逆に、これらの総合条件がそれほど良くない場合は、職場が休みなどの事情があっても、在籍確認はされると考えた方がいいでしょう。

在籍確認ではどんな内容を聞かれるか?

三菱東京UFJ銀行カードローンの在籍確認に限らず、基本的に個人名で、よくある用事の電話のようにかかってきます。
「剣持と言いますが、明智さんお見えですか?」みたいな感じですね。

バンクイックという商品名や、三菱東京UFJ銀行という銀行名を出すことはありません。
なので、勘のいい人やキャッシングの経験者でなければ、これがカードローン審査の在籍確認とバレることはありません。

電話自体かかってくることがない人の場合

…とはいうものの、「そもそも、この人に電話がかかってくるはずない」という立場の人もいるでしょう。
たとえば、接客業のフリーターの人など、職場にその人宛で電話がかかってくるということは普通ないはずです。

そういう場合は、いくらバンクイックの側が自然な電話をかけたとしても、やはり職場バレのリスクがあります。
キャッシング審査だとはっきりはバレなくても「何となく怪しい」という不信感のようなものは持たれてしまうでしょう。

ということで、電話自体かかってくるとおかしいという申し込み者の場合は、やはり在籍確認を回避するのが理想です。
これができる銀行カードローンは限られていますが、幸いにもバンクイックの場合は条件によっては可能性があるので、職場が休みの時などに、申し込みをするようにしましょう。
(その方が、電話連絡なしになる確率が高いです。)

一番確実に在籍確認回避する方法

ここまで三菱東京UFJ銀行カードローンで電話連絡なしにする方法や、電話確認の内容について書きました。
まとめると、三菱東京UFJ銀行カードローンで確実に在籍確認を回避するのは難しいです。

なので、確実に電話連絡をなしにしたい場合は、モビットで申し込みするのがおすすめ。
モビットの場合「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」の口座を持っている必要がありますが、「会社の保険証」「給与明細」を提出することで、職場への電話連絡なしということが公になっています。

勤務先への電話確認なしでキャッシングしたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

ゼニ侍がオススメするカードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.