オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンで最短即日融資は不向き?

イメージ032

オリックス銀行カードローンはもともと急ぎで少額借りるのには金利が高こうなるから向いちょらん!じゃが、最短即日融資自体はしやすいといわれちょるんじゃがの~

高額融資で、長期間借りる人向け

オリックス銀行カードローン自体が、もともと急ぎで少額を借りる…というためのキャッシングではありません。
金利を見ればわかりますが「1.7%~17.8%」という風に、上限金利・下限金利の差が極めて大きくなっています。

これが何を意味するかというと「借入金額が大きい時」は低金利でお得だけど、「借入金額が小さい時」はメリットがない、ということです。
そして、急ぎでお金が必要という時は、大体小さい金額を借ります。

つまり、その借入金額が小さい時の金利を高くしているということは、オリックス銀行カードローンは「そういうお客はお断り」なわけですね。
はっきり断っているわけではありませんが「そういう少額融資のお客さんは、どうぞよそに行ってください」ということを金利で示しているわけです。

オリックス銀行の上限金利はプロミスと同じ

「金利で示している」というのは、オリックス銀行カードローンの上限金利「17.8%」という数字を見ればはっきりわかります。
これはプロミスと同じ金利で、消費者金融の平均の「18%」とも肉薄しています。

当然、銀行カードローンの中で一番の高金利です。
みずほ銀行の上限金利が「14.0%」というのと比較すると、オリックス銀行の「17.8%」が、いかに高いかわかるでしょう。

という風に、オリックス銀行はこの金利をもって「少額融資の利用者は歓迎していない」というのを示しているわけです。
代わりに上限金利は銀行カードローンの中でもほぼ最安なので、「高額融資の利用者は歓迎です」という意思表示をしているんですね。

実際、オリックス銀行カードローンは300万円や400万円を超えたあたりから、他の銀行カードローンよりも金利が安くなります。
そして、これだけの金額を最短即日借り入れで必要とする人はいないはずなので、オリックス銀行は最短即日融資にはあまり向いていないのです。

(一応、他の銀行同様、最短即日キャッシングもできますが…)

オリックス銀行の口座が必要ないのは便利

銀行カードローンの最短即日融資で常に障害となるのが「その銀行の口座が必要」というもの。
必要ない三菱東京UFJ銀行・楽天銀行などの銀行カードローンもありますが、多くは必要になります。

銀行口座が必要なカードローンでも、みずほ銀行や横浜銀行のように「最短即日口座開設」できるならいいのですが、イオン銀行のように「当日の口座開設はできない」という銀行カードローンもあります。

というように、何かと最短当日借入の障害となる銀行口座ですが、オリックス銀行はどの銀行口座でもOKなのです。
この点は、最短即日融資が他の銀行カードローンよりやりやすい、といえます。

ジャパンネット銀行の口座があれば有利

銀行口座の指定はないものの、ジャパンネット銀行の口座があると特に最短即日借り入れで有利です。
オリックス銀行とジャパンネット銀行は提携しているので、ジャパンネット銀行の口座だったら24時間、年中無休いつでも振り込んでもらえる、ということですね。

土曜日・日曜日・祝日の最短即日借り入れで有利

オリックス銀行カードローンは土曜日・日曜日・祝日でも最短即日審査しているので、このジャパンネット銀行との提携は、土日融資で特に有利です。
土曜日・日曜日・祝日は大抵の銀行が閉まっているので、振り込もうとしてもできません。

しかし、このジャパンネット銀行のように土曜日・日曜日・祝日でも振り込める口座があれば、土曜日・日曜日・祝日に最短当日借入することもしやすいわけです。
土日に「今日中にお金が必要」となることも、当然誰にでもありますから、そのような時、ジャパンネット銀行(かオリックス銀行)の口座があると、オリックス銀行カードローンの借り入れでは便利でしょう。

ゼニ侍がオススメするカードローン

オリックス銀行カードローン関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.