みずほ銀行カードローン審査の書~在籍確認・専業主婦利用~

みずほ銀行カードローン

mzh01

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも特に低金利で、借入限度額もコンフォートプランで10万~1000万円、エグゼクティブプランで200万~1000万円と最高レベル。これらの特徴からおまとめローンとしても人気です。その他、自分の収入がない専業主婦でも夫の同意書なしで借りられるなど、家族に内緒でのキャッシングもしやすいです。

みずほ銀行カードローン秘伝の書特徴をつかむべし

審査難易度 » 普通 (専業主婦の借入上限は30万円でござる)
審査時間 » 最短即日 (即日融資はみずほ銀行に口座があれば可能性ありですぞ)
職場連絡 » あり (バレないように担当者が個人名でかけてきますぞ)
専業主婦 » 可能 (専業主婦でも借りられる強い味方でござる)
土日の振込 » 可能(提携ATMから24時間365日引出し可能でござる)
実質金利 » 4.0%~14.0% 限度額 » 10~1,000万円 保証人 » 不要
総量規制 » 対象外 申込資格 » 20歳~66歳未満 学生 » 利用可

みずほ銀行カードローンは専業主婦の強い味方

自分の収入がない専業主婦が、夫に内緒で借りやすい

  • 配偶者の同意書・・不要
  • 身分証明書・・必要
  • 住民票(専業主婦以外は不要)・・必要

普通、無収入の専業主婦の方がカードローンを申し込む時は「配偶者の同意書(夫の同意書)」が必要。
自分の収入でなく、夫の収入によって借りるわけですから、同意が必要なのは当然ですね。

しかし、みずほ銀行カードローンはこの「配偶者の同意書」が不要なのです。
用意するのは自分の身分証明書と「住民票」だけ。

(住民票は「婚姻関係を証明する」ために用意します)

このように夫の同意書不要で借りられるということは「夫に内緒で借りやすい」ということ。
「借りやすい」というより「完全に内緒で」借りられます。

夫・旦那以外の家族にもバレずに借りられる

  • みずほ銀行からの郵便なら見られても安心

バレずに借りられるという点では、みずほ銀行カードローンは「夫・旦那」に限らず「家族全員にバレずに」借りることが可能です。

というのは「みずほ銀行」という名前自体に信頼性があるため。
契約後に郵便物が来ても、誰も怪しまないからです。

カードローンの契約をすると「ローンカード」が送られてきます。
借入・返済に使う、キャッシュカードのようなものです。
その他、契約に関する書類も送られてきますが、最初のみ、これらの郵便物を受け取る必要があります。

自動契約機があれば、そこで発行できるので郵送なしにできますが、みずほ銀行は自動契約機を持っていません。
なので、これらの書類の郵送は避けられません。

郵送されても問題はない

しかし、みずほ銀行の場合は特に問題ないのです。
「カードローン」と明記されているわけではなく、あくまで「みずほ銀行」という名前で来るだけ。

これまでみずほ銀行の口座がなかった方は「口座を開設した」ということにすればいいでしょう。
(実際、みずほ銀行の口座がない人は、まず口座開設からする必要があります)

他の銀行なら、「何でわざわざ口座作ったの?」と思われるかも知れません。
しかし、みずほ銀行なら三大メガバンクの一つなので、開設するのもまったく自然。

このように「家族に不自然に思われない」という点で「家族に内緒でキャッシングしやすい」ということなんですね。

みずほ銀行の口座がなくても即日借り入れ可能

みずほ銀行カードローンは即日融資も可能です。
みずほ銀行の口座はなくても大丈夫。

しかし、あった方が早く借り入れできます。

みずほ銀行の口座がある場合の即日融資

  • みずほ銀行に口座がある場合はスピーディ
  • ネット申し込みのみで完了

この場合、ネットのみで申し込みが完結します。
一応、自分の携帯電話や職場に電話は行きますが、それ以外はすべてネットで完結します。
(職場への電話は、専業主婦の方の場合はありません)

すでにみずほ銀行の口座があるということは、キャッシュカードもあるということ。
そのカードに「カードローンの機能」を追加して、それでもう使えるようになるんですね。

「機能の追加」をするにも、カードの現物は要りません。
みずほ銀行の側で、システムをいじるだけです。

たとえばあなたの口座番号が「1234567」だったとしましょう。
そうしたら、みずほ銀行の側で「1234567の人がキャッシュカードを挿入したら、カードローンも使えるようにする」と、ATMのシステムをいじります。

これで、もうあなたのみずほ銀行のキャッシュカードが、「カードローンも使えるようになる」のです。

というわけで「ローンカードの郵送」も必要ないんですね。

みずほ銀行の口座がない場合の即日借り入れ

この場合はまず「口座開設」から始まります。
口座開設とカードローンの申し込みを、同時にするのです。

同時にするには、みずほ銀行の本店・支店に行くのが一番。
口座開設はそれほど時間はかかりません。
混み具合にもよりますが、1時間も見ておけばいいでしょう。

カードローンの審査は少し時間がかかります。
これも混み具合や、その人の信用度にもよりますが、数時間は見ておきましょう。

いずれにしても、2つの手続きを同時にする以上、少しでも早く行った方がいいです。
できるだけ朝イチで行くようにしましょう。

(なお、口座開設には印鑑が必要なので、忘れないようにしてください)

みずほ銀行は、土日・祝日・夜間の即日審査はできない

みずほ銀行カードローンは、土日・祝日・夜間の即日審査は受け付けていません。
つまり、審査を受けられるのも、当日借入できるのも「平日だけ」です。

平日の「9時~15時」ですね。
かなり限られた時間なので、この時間帯に申し込みできない方にとっては、少々借りづらいです。

審査受付時間が短い分、低コストなので低金利になる

審査受付の時間が短いというのは、実はメリットでもあるのです。
というのは、それだけムダなコストが発生しないため。

コストが少ないということは、金利も安くなるということ。
実際、みずほ銀行のカードローンは銀行カードローンの中でも特に低金利です。
たとえば三菱東京UFJ銀行カードローンの金利と比較するとよくわかります。

  • 三菱東京UFJ銀行…4.6%~14.6%
  • みずほ銀行コンフォートプラン…4.0%~14.0%
  • みずほ銀行エグゼクティブプラン…3.5%~7.0%

※エグゼクティブプランは200万円~のご利用

…という風です。上限金利、下限金利ともにみずほ銀行の方が安いのがわかるでしょう。

ちなみに、三菱東京UFJ銀行は土日・祝日や夜間でも即日審査OKで、一番借りやすいです。
と同時にコストがかかっているので、このように高金利ということなんですね。

つまり、急いでいる方にとっては三菱東京UFJ銀行の方がいいのですが、急いでない方にとっては、借りた後に低金利なみずほ銀行の方がいいのです。

即日借り入れがしやすければいい、というものでもないんですね。

審査の難易度は、銀行カードローンの標準レベル

みずほ銀行カードローンの審査は標準レベルです。

みずほ銀行カードローンの審査は「厳しい」ことも「甘い」こともありません。

基本的に、銀行カードローンの競争は消費者金融ほどガツガツしていないので、審査の難易度に差はありません。
(消費者金融も、最近は銀行の一部になっているので、平均化していますが)

というわけで、みずほ銀行カードローンの審査も、厳しいとかゆるいということはないのですが、部分的に「通りやすい」ということはあります。

たとえば冒頭に書いた「専業主婦が、旦那の同意書なしで借りられる」という点。
人によっては「旦那に相談できない。内緒で借りるしかない」ということもあるでしょう。

そういう場合に、旦那さんに内緒で借りられるわけですから、これはある意味「審査に通りやすい」と言えます。
という風に、人によって&条件によっては、みずほ銀行カードローンの審査は「通りやすい」部分もあります。
(あくまで部分ですが)

勤務先(職場)への在籍確認は必須。

オペレーターは職場バレしないように細心の注意を払ってくれます

みずほ銀行カードローンでも、職場・勤務先への在籍確認は必須です。
銀行カードローンはどこも必須なので、みずほ銀行だけが厳しいわけではありません。

というわけで、確認電話は確実にかかってきますが、それによって職場バレすることはありません。
「みずほ銀行」とか「カードローン」という名前は出さず、基本的に個人名でかかってきます。

それに、みずほ銀行だったら自動車ローンや学資ローンなど、まともなローンも多く提供しています。
なので、そうしたローンの審査ということにしてしまうのもありでしょう。

基本的に、在籍確認の電話によって職場バレすることは、めったにありません。
「職場に内緒で借りたい」と思っている方も、これについては安心してください。

みずほ銀行カードローンは学生でもキャッシング可能

みずほ銀行カードローンは、学生に対しても融資しています。
条件は「アルバイトをしている」「20才以上」ということ。

つまり、大学生もまだ10代の方は通りません。
未成年はキャッシングもダメ、ということですね。

(みずほ銀行だけでなく、消費者金融や他の銀行カードローンでも同じです)

ただ、注意点としては「学生でもOK」と明記はされていないこと。
「学生NG」と書かれていないので、借りることはできるということですが「少し、審査が厳し目」と思った方がいいかも知れません。

(少なくとも、「学生OK」を前面に出しているカードローンよりは)

年齢や収入、自宅の情報によっては「親権者の同意書」が必要になることもあるでしょう。

コンビニ・銀行ATMは、どこも手数料がかかるので注意

みずほ銀行カードローンの最大のデメリットの一つは「ATMの手数料がかかる」ということ。
他の銀行はもちろん、コンビニでも全て有料。
しかも「みずほ銀行のATMでも、時間外は手数料がかかる」というのが難点です。

他の銀行カードローンは、時間外でも手数料無料ということが多いです。
普通の預貯金は有料でも、カードローンだけは無料ということですね。

しかし、みずほ銀行は時間外だと有料。
これは小まめに借入・返済したい方にとっては厄介です。

手数料無料を拡大しないからこその、低金利

手数料を取られるのは厄介ですが、逆にいえば、こうしてカードローンの機能を多少不便にしているからこそ、金利が安いということもあります。

先にも書いた通り、みずほ銀行カードローンの金利は三菱東京UFJ銀行などと比較しても安いです。
その分、即日融資のやり方なども多少不便なのですが、これらの条件のおかげで、低金利を実現できている、という見方もできるでしょう。

結局、「あちら立てればこちらが立たず」なので、「便利さを取るか」「低金利を取るか」ということなんですね。
「多少不便でもいいので、金利が安い方がいい」という人は、みずほ銀行カードローンを選びましょう。

(ちなみに、不便で金利が高いカードローンも、かなりありますが…)

おまとめローンにもみずほ銀行カードローンはおすすめ

みずほ銀行カードローンは、おまとめローン・借り換えローンとして申し込む人も多いです。
理由は「借入限度額が大きい」ことと「低金利」のため。

特におまとめローンの場合、大きい金額が必要です。
多重債務を一本化するのだから、当然ですね。

借入限度額については、みずほ銀行カードローンは最大で「1000万円」と、すべてのカードローンの中で最高レベル。
収入証明書なしで借りられる金額も「200万円」と大きくなっています。

みずほ銀行カードローンの場合、【エグゼクティブプラン】と【コンフォートプラン】の2つのプランから選択するのですが、それぞれの借入限度額は以下のようです。

  • エグゼクティブプランは200 万円~1,000 万円
  • コンフォートプランは10 万円、20 万円、30 万円、50 万円、100 万円~1,000 万円

このように借入可能金額が大きく、しかもここまで書いてきたように低金利。
これらはおまとめ・借り換えに必須の条件なので、それを満たしているみずほ銀行カードローンが、おまとめ・借り換えでも人気というわけです。

みずほ銀行カードローンの公式サイトでは「おまとめ・借り換えOK」ということは明記されていません。
しかし、みずほ銀行で借金の一本化をした方の体験談はたくさんあり、その用途での評判もいいことがわかります。

パート・アルバイト・フリーターでもOK

みずほ銀行カードローンは、フリーターやアルバイト・パートの方でも審査に通ります。

基本的に学生だろうとフリーターだろうと、自分の収入さえあればOKなのです。

この点は、他のカードローンも大体同じです。
最近の日本は非正規雇用の方が普通になりつつありますから、非正規雇用というだけで審査に落とす…ということはあまりしないんですね。

なので、フリーターやアルバイトの方も、毎月安定した収入があるなら、安心して申し込みできます。
月収がいくらくらいあればいいかですが、とりあえず「月収5万円」を目安にしましょう。

もちろん、現時点の借入残高や、これまでのクレジットヒストリー(キャッシング歴)、自宅の情報などによって、審査結果は激変します。
ただ、一つの目安として「月収5万円程度」というのは、参考になるでしょう。

自営業・会社経営者でも借りられるが、所得証明書が必要

みずほ銀行カードローンは、会社経営者や自営業(個人事業主)の方でも借り入れOKです。
最近はフリーランスの方が増えているので、こうした方も多いでしょう。

これらの方の場合、希望金額が200万円以内でも所得証明書が必要です。
このルールは、みずほ銀行だけでなく、消費者金融や他の銀行カードローンでも同じです。

確定申告書や納税証明書などの書類さえ提出できれば、特に問題はありません。
「念のために提出してほしい」というだけのことなので、提出さえすれば、大体審査は通ると考えていいでしょう。

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.