プロミス審査の書~電話確認・即日融資での利用~

プロミス

promise

プロミスのメリットは「初回30日間無利息※1」「無人契約機が毎日22時まで開いている(※一部21時もあり)」など。審査にかかる時間は最短30分で、最短で1時間あれば即日融資ができます。自動契約機が開いている時間も長く、職場への電話連絡もなしにできます。(※1 30日関無利息利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

プロミス秘伝の書特徴をつかむべし

審査難易度 » ふつう (スピード審査に定評があるでござる)
審査時間 » 最短即日 (即日融資は平日14:00までにweb契約完了ですぞ)
職場連絡 » あり (在籍確認は職場バレしないように個人名ですぞ)
専業主婦 » 不可 (専業主婦は銀行系カードローンに申し込むでござる)
土日の振込 » 可能(提携ATMから24時間365日引出し可能でござる)
実質金利 » 4.5%~17.8% 限度額 » 1~500万円 保証人 » 無し
総量規制 » 対象 申込資格 » 20歳~69歳以下 学生 » 可能

初回30日間無利息で借りられるので、最も低金利

プロミスは初回30日間無利息で借りることが可能。
なので、大体半年くらいで完済するなら、銀行カードローンも含めて一番の低金利です。

銀行カードローンの方が消費者金融より低金利と言われていますが、年率にして「4%」の差。
数百万円の借り入れだったら確かに大きな差ですが、普通の借入金額だったら大した差はつかないのです。

それよりむしろ「無金利」の方が、よほど大きな差になるんですね。
もちろん、借り入れが長期間に渡ったら、最初の30日間無利息の効果も薄れてきます。

しかし、4ヶ月~半年くらいで完済できるなら、30日間無利息で借りられるプロミスの方が、銀行カードローンよりトータルの利子は少なくて済むでしょう。
(借入金額にもよりますが)

即日融資のスピードが、消費者金融の中でも最速レベル

即日融資のスピードは、銀行カードローンより消費者金融の方が速いです。
その中でもプロミスは最速レベル。
最短30分で審査が終わり、すべて含めて最短1時間あれば現金を手にすることができます。
(もちろん、年収や希望金額などによって個人差はあります)

個人差はあっても、プロミスが最速レベルなのは変わりありません。
特にプロミスの場合「審査が一番早い」という評判に、客観的な根拠があります。

それが「職場への電話連絡」に関してです。

電話での在籍確認に対する要望がある場合

普通は職場への在籍確認は必須です。

しかし、プロミスでは「電話での在籍確認」に対して何かしらの要望がある場合、申し込み完了後すぐにオペレーターに相談することが出来ます。(職場への電話連絡をなしにしてくれという要望に沿ってもらえない場合もありますが、深く考えすぎる必要は。)

こうして職場への電話連絡に対しての要望を気軽に相談できるというのは、職場バレを防ぐメリットだけではありません。
「審査にかかる時間を大幅に短縮できる」ということでもあるのです。

在籍確認の電話は、どんなに早くても合計8分程度はかかります。
職場の人が誰もでなくてかけ直し…などのケースになれば、最悪30分や1時間かかります。

実際、忙しい現場では電話に出られないということもあるでしょう。
(飲食店のピーク時など多いはずです)
そういう時にも審査に遅れが出ないという点で、「電話連絡を回避できる」というのはとてもありがたいんですね。

しかも職場によっては土日・祝日など、「休み」という時もあるでしょう。
職場が休みの日に「在籍確認ができないので、即日融資できません」と言われたら困ります。

それがないという点でも「即日借り入れが一番しやすい」というプロミスの評判は、客観的な根拠があるわけですね。

無人契約機が一番遅い時間まで開いている(即日審査できる)

プロミスは、無人契約機(自動契約機・ローン契約機)が一番遅い時間まで開いている消費者金融です。
他の消費者金融はアコム・モビット・レイクなどみんな「21時まで」。
しかし、プロミスは「22時まで」なのです。※一部の店舗では21時まで

夜間の1時間の差は大きいです。
夜間や深夜でも「今日中にお金を用意しないとヤバい!」というケースはあるでしょう。

そういう時でも、プロミスならギリギリまで即日借り入れができるわけですね。
22時に「審査を開始」すればいいので、審査にかかる時間は考慮しなくて大丈夫です。
(とにかく、この時間までに自動契約機に滑りこんでください)

プロミスは、家族バレももっともしにくい

プロミスは家族バレ、夫バレ(妻バレ)がもっともしにくいカードローン。
その理由は「契約後の郵便物がない」という点です。

特に銀行カードローンがそうですが、契約後に「ローンカード」と「契約書類」を郵送する必要があります。
ローンカードは、銀行でいう「キャッシュカード」のようなようなもの。
これを使って、コンビニ・銀行のATMで借入・返済ができます。

それを郵送するのは、ごく当然ですよね。
なので銀行カードローンでは送ってくるのですが、これが家族にバレる原因の一つ。

銀行ならまだいいですが、消費者金融だと「何、この郵便物」と、家族や夫(妻)に思われてしまうでしょう。

プロミスなら、両方自動契約機で受け取ることができる

これらの書類は、プロミスなら自動契約機で受け取ることができます。
なので、自宅に郵送される心配がまったくないんですね。

「ということは、審査も無人契約機で受けないといけないのか?」と思われるかも知れません。
この心配も不要です。

というのは「審査はネットで終わらせる」「カード受け取りだけ無人契約機でする」ということができるため。
このように、それぞれの行動を区別すれば、より効率的に家族バレを防げるわけです。

プロミスの審査は、自宅への電話もかかってこない

プロミスの審査は、自宅への確認電話はかかってきません。
自分の携帯への確認電話はきますが、それだけです。

職場への電話連絡は、先にも書いた通り相談することが出来ますし、唯一かかってくる電話が「自分の携帯」だけなんですね。

なので、電話によって家族や夫・妻にバレるという心配もありません。
「家族に内緒で借りたい」という方は、特にプロミスがおすすめです。

三井住友銀行の提携ATM手数料無料

プロミスは、三井住友銀行の提携ATM手数料無料です。
例えば「三井住友銀行」はもちろん「セブン銀行」「ローソンATM」、またイーネットATMが利用できる「ファミリーマート」「ミニストップ」「スリーエフ」などなど、あまり馴染みのない中小のチェーンでもすべて無料です。

これは非常に大きいメリットです。
なぜかというと、しょっちゅう繰り上げ返済ができるため。

全てのコンビニで手数料無料ということは、「思い出した時、いつでも返済できる」ということ。
こうして小まめに返済していると、借金はどんどん減っていくんですね。
大きな金額をドカッと返すよりも、むしろこちらの方が減るのです。

小まめに返済していると、常に完済を意識するし、前進を確認できて、モチベーションが上がるからですね。
なので、それがしやすい状況(返済可能な提携ATMが沢山ある)というプロミスは「もっとも返済がしやすい」カードローンということもできます。

(少なくとも、私の体験談ではそう思います)

インターネットでの借入・返済も手数料無料

さらにプロミスの凄い所は、多くの銀行のオンラインバンキングと、手数料無料で提携していること。
借入・返済どちらも無料です。

提携している銀行は下の通り。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

…という風です。三大メガバンクが揃っているので、多くの方はこのどれかの口座を持っているはず。
そして、そのオンラインバンキングさえ使っていれば、いつでもそこから、手数料無料で借入・返済できるということですね。

しかも、土日・祝日や夜間などの営業時間外でも、いつでもすぐに口座に反映されます。
ここまで便利でいいのかというくらい、他のキャッシング会社と比較して、圧倒的に便利です。

プロミスは専業主婦でも借りられる?パートをしていればOK!

プロミスは、パートをしていて安定した収入のある主婦の方なら借りられます。
しかし、パートもまったくしていない(自分の収入がない)専業主婦の方だと、残念ながら借り入れはできません。

これはプロミスだけではありません。
モビット・アコム・アイフルなど、大手の消費者金融はみなこの方針でやっています。

貸金業法としては、別に専業主婦の方に貸してもいいのですが、一応大手はこういう方針でやっているようです。
(実際、貸した方が利益になるのですが、社会的信用も考えているということでしょう)

もし無収入の専業主婦の方がキャッシングしたいのであれば、銀行系カードローンがおすすめです。
銀行カードローンならほぼどこでも専業主婦のキャッシングOKなので、そちらで申し込みしてください。

プロミスは学生でも借りられる(バイト収入が必要)

プロミスは学生でも借入可能です。
安定したバイト収入があり、満20才を超えていればOKです。

逆にアルバイトをしていない学生さんや、18才や19才などの10代(未成年)の学生さんだと借りられません。
これはプロミスだけでなく、どの消費者金融や銀行カードローンでも同じ条件なので、理解してください。

(バイト収入があっても、学生というだけで借りられない銀行もあります。あるいは、親の同意が必要など)

親権者の同意が不要という点では、プロミスは学生でも借りやすいカードローンと言えます。

フリーターやパート・アルバイトでも借りられる?

これは、まったく問題なく可能です。
プロミスは基本的に「本人に収入があればOK」というスタイル。

なので、会社員でないこれらの職業・属性の方でもまったく問題なく融資できます。

もちろん借入希望金額によってはある程度の収入は必要。
しかし「限度額10万円」くらいなら、ほとんどの人が審査に通ると考えていいでしょう。

「現時点の借入残高がない・少ない」「過去に返済トラブルを起こしていない」などのごく普通の条件を満たしていれば、プロミスの審査で特に難しいことはありません。

プロミスは土日・祝日でも即日借り入れ可能?

プロミスは、土日・祝日(休日)でも、まったく普通に即日キャッシングできます。
なので、休日に急にお金が必要になった場合も安心してください。

ただ、平日との違いは「銀行が閉まっている」という点。
プロミスは営業していても、銀行がやっていないということですね。

なので「銀行口座に振り込んでほしい」という場合、銀行の翌営業日まで待つ必要があります。
しかし、ジャパンネット銀行・三井住友銀行の口座であれば、土日・祝日でもすぐに振り込み可能。

それも24時間OKなので、たとえばプロミスの自動契約機で22時に審査を申し込み、即日審査に受かって、そのまま上の2つの銀行に振り込んでもらう…ということも可能なのです。

…というように、土日・祝日や銀行振り込みに関しても融通が効くのがプロミスのメリットです。

プロミスの審査の難易度は?厳しいのか、甘いのか

プロミスの審査は甘くも厳しくもありません。
審査通過率としては、大体40%くらいです。

審査通過率は、月や年度によって数字が大きく変動します。
毎月『月間消費者信用』などの業界紙で公開されているのですが、かなりの波があります。

前月の貸付や、利用者の返済状況によって変わるようです。
とにかくそうい理由で変化する数字ではありますが、大体4割くらいの確率で通ります。

これはかなり高い数値。
というのは、落ちた6割の方の中には「絶対通らない」レベルの多重債務者の方などがいるからです。

キャッシングの審査は、プロミスに限らずこういう「確実に落ちる」タイプの方がかなり受けています。
なので、普通の方が受けた場合、審査通過率4割どころか、9割以上はあるんですね。

要は「普通に生きていれば通る」ということ。
アルバイト・パートでもいいので、何らかの仕事をしていて、借金もほとどない、あるいは踏み倒していない、ということです。

それだけで、プロミスの審査は通るわけです。
「普通に生きる」というのが、「プロミスの審査に通るコツ」かも知れませんね。

消費者金融系ではプロミスのおまとめローンがおすすめ

プロミスはおまとめローン専用のコースを提供しています。
消費者金融では他にアコム・アイフルが提供していますが、モビットなどは提供していません。

おまとめローンを用意していない所よりは、用意しているプロミスなどの方が断然いいです。
総量規制の対象外なので、「もうこれ以上借りられない」という方でも、おまとめ用の資金を借りられるからですね。

ただ、金利を考えると銀行のおまとめローンの方がいいです。
やはり金利で勝負したら、消費者金融は銀行カードローンにかないません。

短期間ならプロミスの方が安いですが、借金の一本化ということは、かなり長期間の勝負になるはずですし…。

というわけで、プロミスのおまとめローンは「消費者金融系でどこかいいところがないかな?」という考えだったらまずおすすめです。

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.