消費者金融基礎

年末年始・正月のカードローン審査は?年末年始の営業日・休業日

zenizamurai301

消費者金融は年末年始で営業中じゃ!

消費者金融は年末年始でも最短即日審査&最短即日融資しています。
特にSMBCモビットの場合は休むのは1月1日だけで、あとは完全に通常営業です。
12月31日ですら、いつもどおり21時まで最短即日審査を受け付けています。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

プロミスもほぼ同じで、完全に休むのは1月1日だけ。
12月31日だけ、いつもより3時間短くなり「18時まで」の最短即日審査となります。

しかし、3時間短くなるだけなので、ほとんど影響はないでしょう。
どちらの業者も年中無休に近いです。

なので、年末年始にキャッシングを申し込みしたくなったら、SMBCモビット・プロミスのどちらかにしておけば、間違いはないでしょう。

【目次】

1.消費者金融の各社の年末年始の営業日(休業日)
1-1.アコムは12月31日、1月1日が休み
1-2.アイフルは12月31日~1月3日が休み
1-3.ノーローンは12月31日~1月3日が休み
1-4.SMBCモビット・プロミスは1月1日のみ休み

2.すでに審査に通っていて借入・返済だけなら、年末年始も普通
2-1.ATMはどこも年中無休動いてい
2-2.手数料がかかってもいいなら、コンビニのATMがある

3.まとめ「年末年始に焦らないように、早めの準備を」

1.消費者金融の各社の年末年始の営業日(休業日)

1-1.アコムは12月31日、1月1日が休み

SMBCモビット・プロミスほどではありませんが、アコムの年末年始の休業日も少ないです。
12月31日と1月1日…、つまり大晦日と元旦は休みということ。
1月2日からは通常通り最短即日審査をしています。

普通はこれでも十分だと思いますが、大晦日に万が一最短即日審査をするような事情があったら、やはりSMBCモビット・プロミスの方が便利でしょう。
(便利というより、他は受け付けていません)

1-2.アイフルは12月31日~1月3日が休み

アイフルの休業日はアコムよりもさらに伸びて、1月3日までとなっています。
もちろん、これが普通の企業の正月休みなので別に問題ありません。

ただ、年末年始の最短即日借り入れをするのなら、やはりプロミス・SMBCモビット、もしくはアコムの方が便利でしょう。

アイフルは12月30日まで最短即日審査を受け付けていますが、時間が少し短くなります。
普段は21時までですが、30日のみ「18時」になります。
(この点も注意してください)

1-3.ノーローンは12月31日~1月3日が休み

ノーローンの休業日もアイフルと同じです。
ただ、ノーローンは最終日でも時間が短縮されることはありません。

この点では、ギリギリアイフルよりも「年末年始の営業時間が長い」といえます。(3時間だけですが)

1-4.SMBCモビット・プロミスは1月1日のみ休み

SMBCモビット・プロミスは、最初に書いた通り1月1日のみ休み。
あとはずっと通常通り営業しています。

プロミスだけ、12月31日は18時までの最短即日審査になります。
(普段は21時までの最短即日審査です)

12月31日ですら通常通りの最短即日審査を受け付けているSMBCモビットというのは、つくづく審査スピードが圧倒的な業者だと思います。
消費者金融の大手はそれぞれにメリットがありますが、審査スピードと、最短即日融資の受け付け日時の長さでは、SMBCモビットはやはり圧倒的でしょう。

2.すでに審査に通っていて借入・返済だけなら、年末年始も普通

2-1.ATMはどこも年中無休動いている

ここまで書いたのは「最短即日融資を受け付けている時間」です。
つまり、ゼロの状態から審査を受けて、それで借り入れできるかどうか、ですね。

すでに審査に通っていて、ただ借り入れだけしたいとか、返済したいという場合。
これは1月1日だろうと大晦日だろうと、まったく問題なくできます。

ATMはどの消費者金融での年中無休動いているので、その営業時間内なら使えます。
(大体24時まで)

2-2.手数料がかかってもいいなら、コンビニのATMがある

また、手数料がかかってもいいならコンビニのATMがあるので、そこで24時間借入・返済できます。

…というように、最短当日審査するなら年末年始は多少の影響を受けますが、審査がすでに終わっているなら、何の影響もない、と考えてください。

(つくづくキャッシングの便利な時代になったものです)

3.まとめ「年末年始に焦らないように、早めの準備を」

当たり前のことですが、年末年始にキャッシングの審査を受けるというのは、少し切羽詰まりすぎです。
大変な状況というのはわかりますが、年末年始にお金が必要になるのはわかっているわけですから、やはり12月の後半など、早めの時期に申し込むのが、本来あるべきやり方でしょう。

…とは言うものの、大手の消費者金融がこれだけ年末年始も営業しているということは、年末年始でも審査を申し込む方が、ある程度の数いるということですね。
それによってこれらの業者も支えられているわけですから、年末年始のキャッシング審査を否定することはできません(当然ですが)。

しかし、やはり年末年始くらいは借金やお金のことを忘れて、のんびりしたいもの。
そのためにも、年末年始のお金のやり繰りの問題は早めに片付けて、ゆったりした大晦日、正月を過ごしていただきたいと思います。

(その方がご自身も楽しいでしょう)

ゼニ侍がオススメするカードローン

消費者金融基礎関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.