プロミス

即日融資に強いプロミス!即日融資キャッシングマニュアル

イメージ039

実はプロミスは最短即日融資に向いている消費者金融なんじゃ!21時頃までに申込みをすればATMからキャッシング可能じゃし、一番問題の電話での在籍確認だって気軽に相談できるきにね~

プロミスの最短即日キャッシングの申込み時間

プロミスで最短即日融資を受けるための申し込みの時間。
これは、銀行振り込みを希望する時は午前中で、振り込みでなくてもいい(ATMから現金で直接借り入れする)場合は、21時までとなっています。

午前中の申し込みが必要なのは、銀行が15時で営業終了するからです。なので、プロミスも14時50分までしか当日振り込みを受け付けていません。

そして、14時50分に振込手続きをするということは、14時30分頃までには審査完了が必要ということ。となると、逆算して大体正午まで(=午前中)には申し込みをした方がいい、というわけですね。

実際にはもっと遅くても間に合うことも

ここでは一応念のために「午前中」としています。
実際にはプロミスの審査にかかる時間は「最短30分」なので、極端な話、正午に申し込んでも、12時30分には審査完了している、ということもよくあります。

なので、午後に申し込んでも間に合う可能性は十分あるということ。
ただ、審査が混み合う時もあるし、審査で何かトラブルが起きることもあるので、念のために、ここでは午前中としています。

直接借り入れなら21時まで申し込み可

直接借り入れというのは、銀行振り込みでなく、ATMから直接現金で借り入れするということ。
この場合、プロミスの無人契約機でローンカードを発行する必要があります。

このローンカードを使って、プロミスやコンビニ・銀行のATMで借り入れするからです。
で、そのローンカードを発行する自動契約機は22時まで営業。
なので、22時までに自動契約機に行けば、ローンカードを発行し、最短即日借り入れできる、というわけです。
(※プロミスの自動契約機の営業時間は9:00~22:00※一部21時もあります。)

ただ、自動契約機は22時まで開いているものの、プロミスの最短当日審査の回答時間も「22時まで」となっています。
ということは、22時に審査申込みしても、回答は明日ということ。
なので、最短当日融資を受けたいなら、それより前に申し込む必要があるんですね。

というわけで、大体21時頃までには審査申込みすることをおすすめします。
これも銀行振り込みの時と同じく、もっと遅くても間に合うかも知れませんが、念のために1時間前に申し込む…ということです。

他の消費者金融より1時間長い

プロミスのこの「当日申し込みギリギリの時間」というのは、他の消費者金融より一時間長くなっています。
他の大手の消費者金融は全部「20時まで」(審査回答時間は21時まで)となっていますが、それよりも余裕があるということですね。

ということで、特に夜間ギリギリで最短即日融資を申し込みする時など、プロミスで審査を受けるのが一番いいでしょう。
銀行カードローンも含めて、一番遅くまで最短即日審査を受けているのがプロミスですから、夜間審査に一番強いカードローンは、プロミスだといえます。

勤務先への在籍確認方法も相談できる

冒頭にも書いた通り、土日の最短即日融資では、お休みの職場への在籍確認を回避できるかというのはとても重要です。電話による在籍確認がネックになって最短即日融資ができないことが良くあるからです。そして、プロミスはその電話での確認方法についても、相談することで柔軟に対応してくれる、一番有利なキャッシングサービスなのです。

というのは「結果、なしに出来たらラッキー」という曖昧な形ではなく、電話確認ができない、回避を希望する場合は以下のようなやり方で直接電話で相談しながら進める形式になります。
在籍確認を回避するやり方は「申込完了後すぐに、在籍確認に対する要望がある場合は相談すること」です。
電話での相談になりますので、電話口で実際にどういう問題があって、どうしたいのかの落としどころを見つけることが出来ます。(ただし、誰でも100%確実に要望に沿ってもらえるというわけではないので、その点はご注意ください)。

一応、電話や自動契約機など口頭で希望を伝える必要はありますが、それさえ満たせば、特に振り込む銀行口座の指定など、他の条件はありません。

SMBCモビットの場合、銀行口座が三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のどちらかでなければいけません。
SMBCモビットは特定の書類の提出により電話での在籍確認を他の方法にすることができるのですが、銀行口座の制限がある点で、誰でも電話確認回避できる、というわけではないのです。

その他の消費者金融はすべて在籍確認必須。
アコムは在籍確認に失敗したら、限度額10万円以下という条件で小口融資してもらえますが、在籍確認の電話自体は必ずかかります。
(また、後日あらためて電話確認される可能性もあります)

ということで、確実に電話連絡なしにできて、しかも限度額の減額もないという点で、プロミスが一番、会社への電話連絡をなしにしやすいキャッシングサービスなのです。

ということはイコール最短即日融資もしやすいということで、最短即日借り入れを希望する時、今日中に借りたいという時は、プロミスが一番おすすめなのです。

ゼニ侍がオススメするカードローン

プロミス関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.