専業主婦/総量規制

融資枠を増やしたいなら、夫婦の年収を合算する「配偶者貸付」

イメージ087

実は夫の同意書なしで貸付OKとしてる銀行はたくさんあるんじゃ。つまりこれらの銀行カードローンじゃったら、夫に相談なしで配偶者貸付を利用できるっちゅうこと!

配偶者貸付は、夫に相談する必要はない

意外かも知れませんが、配偶者貸付は実は夫に相談する必要がないのです。
正確には配偶者貸付とは違うかも知れませんが「無収入の専業主婦でも、夫に相談なしで借りられる」ということですね。

普通、銀行カードローンで収入がない専業主婦がキャッシングする場合、夫の同意書が必須となっています。
しかし、みずほ銀行や楽天銀行などの多くの銀行カードローンが、「配偶者の同意書なしでOK」という基準で融資しているのです。

つまり、これらの銀行カードローンなら、夫に相談なしで配偶者貸付を利用できる、ということ。
厳密な配偶者貸付ではないかも知れませんが「夫の収入で借りる」という点ではほぼ似たようなものです。

融資枠を増やす場合も、夫に相談なしでいいのか?

これは正直わかりません。
どの銀行カードローンも「夫に相談が必要」とはしているはずですが、どこまでそれを厳密にチェックするかは疑問です。

たとえば上に書いた「配偶者の同意書不要」の銀行カードローンなら、夫に相談なしでも融資枠を増額できる可能性は高いです。
ただ、それにはある程度の返済実績なども必要になるでしょう。

基本的に、無収入の専業主婦は30万円まで

ほとんどの銀行カードローンは、無収入の専業主婦に対する融資は、限度額30万円まで、としています。
別にルールがあるわけではありませんが、大体の相場として、どの銀行カードローンでもこのようになっています。

たまにそれより多い銀行カードローンが、たとえば楽天銀行やイオン銀行などで、「50万円まで」という限度額になっています。
50万円まで主婦キャッシングで必要とするケースが、どれだけあるかはわかりませんが、もし必要な場合、これらの銀行カードローンで申し込むといいでしょう。

(イオン銀行も楽天銀行も、どちらも配偶者の同意書不要ですし)

配偶者貸付以外で限度額を増額する方法

配偶者貸付を利用する以外の方法では、地道に返済をする…というのが定番の増額の方法です。
こうやって融資枠を増やす方法は、収入がない専業主婦の人以外でも、誰でも使える(というより使っている)方法です。

サラリーマン・パート・アルバイトの人など、カードローンを利用している人なら誰でも、コツコツ返済を続けることで、徐々に増額されていきます。
しかし、無収入の専業主婦の人が「夫の収入で借りる」という方法でキャッシングしている場合、この方法はあまり使えないかも知れません。

使えない(増額されない)ということはないでしょうが、相当な信用を得ない限りは、無収入のままで増額されていく、ということはないと思います。

やはり、楽天銀行やイオン銀行の50万円以上の金額を借りたいのであれば、まずはパート・アルバイトをして、その自分の収入によって借りる…というのが一番いいでしょう。

実際、たくさん借りるのであれば、それだけ返済も大変になるということですから、返済のためにも収入が必要なはずです。
審査に通るためとか、増額のためではなく、あくまで「実際の返済のため」ということですね。

審査に通るためではなく、返済を意識する

これは主婦の人の増額だけでなく、カードローン審査全体に言えることなのですが、「審査に通るため、増額のため」に何かをするというのは、本末転倒なのです。

結局のところ、審査に通る条件、増額される条件というのは「問題なく返済できる状態」ということなのです。
逆に言えば「返済するために、どの道その条件を満たす必要がある」ということですね。

本気で返済を考えている人なら、キャッシング審査に通る前に、しっかり返済できるような準備を自分でするでしょうし、増額を希望する場合も、たくさん借りても完済できるだけの年収などを、自分で必要とするはずです。

なので、キャッシング審査に通る方法とか、限度額を増額する方法などを探すのもいいのですが、基本的には「収入を増やす」「安定した職業につく」などの、ごく一般的なことを大事にする…ということを忘れないでください。

ゼニ侍がオススメするカードローン

専業主婦/総量規制関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.