専業主婦/総量規制

専業主婦でもキャッシングできる?おすすめはどこ?

zenizamurai161

専業主婦ちゅうことは収入がないんじゃな?総量規制対象外の銀行カードローンに申し込むのが良いんじゃ!

主婦でもキャッシングは可能です。
「総量規制」というのは「年収の3分の1まで借りられる」というルールですが、主婦の場合、これがやっかいです。
(そもそも、年収がないからです)

そのため「総量規制のルールが関係ない」ところ=銀行から借りるのがおすすめ。
詳しく説明します。

【目次】

1.主婦のキャッシングについて
└1-1. どこの銀行ならOK?→どこでも可能だが、おすすめは5ヶ所
└1-2. いくらまで借りられる?→30万~50万まで
└1-3. 即日可能?→「そこの口座があれば」OK。UFJなら無しでもOK。
└1-4. 必要書類は?→「自分の身分証&住民票」のみ
└1-5. 夫の「同意書」は?→必要ない

2.総量規制について
└2-1. 正確な定義
└2-2. 必ず「3分の1まで借りられる」とは限らない
└2-3. なぜ銀行だけ対象外なのか?

1.主婦のキャッシングについて

1-1.どこの銀行ならOK?

どこでもOKです。ただし、多くの銀行は「夫の同意書」が必要。
これ無しで借りられるのは、下の5ヶ所です。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン
  • 東京スター銀行カードローン

1-2.いくらまで借りられる?限度額は?

・30万円まで
三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、イオン銀行カードローン

・50万円まで
楽天銀行カードローン、東京スター銀行カードローン

…これらは「収入証明書なしで」借りられる上限。
証明書があれば、その夫の年収次第で、いくらでも借りられます。

1-3.即日融資は「そこの口座があれば」OK。UFJなら無しでもOK。

・三菱東京UFJ銀行の場合
銀行内のテレビ電話を使って、その場で審査可能。
これに通れば、誰でも即日融資可能です。
三菱東京UFJ銀行の口座を開設する必要はありません。

・他の銀行の場合
「そこの口座」がすでにあれば即日融資可能。
口座を新たに開設する場合、4日~7日かかります。

1-4.必要書類は「自分の身分証&住民票」のみ

自分の身分証は当然です(免許など)。

やや複雑な書類は「住民票」のみ。
必要な理由は「夫との婚姻を証明するため」です。

自分の収入がないということは、誰かに養ってもらっているということ。
「この夫に養ってもらっています」という、証明が必要なのです。

「夫の収入の証明は?」と思われるでしょう。
本来あるべきなのですが、30万~50万なら、無しで借りられます。

(大人の夫婦なら、普通はこのくらい返せるだろう、ということでしょう)

1-5.夫の「同意書」は必要ない

夫の収入を頼りに借りる以上「夫の同意書」は本来必要です。
しかし、冒頭で紹介した5つの銀行の場合、「なしでOK」。

そのため、夫や家族にバレないように借りられます。

2.総量規制について

2-1.正確な定義

正確には「年収の3分の1以上貸してはいけない」というルール。
つまり「業者側」のルールなんですね。

消費者にイジワルするためのルールではなく、「消費者を守るため」のルールなのです。
人間は残念ながら、大人になってもそれほど賢くないので、社会が「ルールによって管理する」必要があります。

(ここで「その通りだ」と思える方は、大抵大丈夫なのですが…)

2-2.必ず「3分の1まで借りられる」とは限らない

上に書いたように「これ以上、貸してはいけない」というルールです。
だから「絶対3分の1まで借りられる」という「権利」は、私たちにはないわけですね。

だから、「貸す or 貸さない」は業者の自由。
あなたのこれまでの借入履歴などを見て、年収に関係なく「10万円まで」などの上限にすることもあります。

2-3.なぜ銀行だけ対象外なのか?

もともと「サラ金」が社会問題になった時に、作られたルールのため。
銀行のキャッシングは、大きな問題は起こしていなかったので、規制されなかったのです。

今後、銀行からのキャッシングで破産する方が増えたりしたら、銀行も総量規制の対象となる可能性はあります。

ゼニ侍がオススメするカードローン

専業主婦/総量規制関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.