専業主婦/総量規制

収入証明書不要なら、専業主婦でも借入れ可!!

イメージ086

専業主婦だからってキャッシングを諦めちゃいかん!「夫の同意書なし」は基本中の基本!実は「自分の本人確認書類だけ」で借入できるっちゅうカードローンもあるんじゃから驚くのう~

夫の同意書なしの銀行カードローンが基本

キャッシングの知識がある主婦の人の間では常識ですが、無収入の専業主婦のカードローン申し込みでは「夫の同意書不要」という銀行カードローンに申し込むのが基本です。
そうでないと、当然ですが夫バレ・旦那バレしてしまうからです。
(夫の同意書を偽造するわけにはいきませんからね)

「夫の同意書なしでOK、なんて銀行カードローンがあるの?」と思われるかも知れません。
キャッシング初心者の人には意外かも知れませんが、実は想像以上にたくさんあります。

三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行という二大銀行もそうですし、イオン銀行のような主婦の人になじみのある銀行も、配偶者の同意書なしで借入可能となっています。

ということで、夫に内緒で借りたいという主婦の人は、これらの銀行カードローンで申し込むのが基本なんですね。
他にも東京スター銀行・楽天銀行・横浜銀行など、多くの銀行カードローンが「配偶者の同意書不要」になっているので、まずはこれらの銀行を選びましょう。

利子が安いのがいいなら、イオン銀行

主婦キャッシングでも、当然利子が安い方がいいでしょう。
低金利という基準で選ぶなら、配偶者の同意書不要の銀行の中では、イオン銀行です。
(イオン銀行のカードローンBIGです)

銀行カードローンの平均金利は「4.5%~14.5%」ですが、イオン銀行は「3.8~13.8%」となっています。
これがどのくらい安いかは、平均値だけでなく、それぞれの金利と比較してみるとわかります。

銀行カードローンの金利の一覧・比較

配偶者の同意書なしで借りられる銀行カードローンの、金利を一覧にすると、下のようになります。

  • イオン銀行…3.8~13.8%
  • 三菱東京UFJ銀行…4.6~14.6%
  • みずほ銀行…4.0~14.0%
  • 東京スター銀行…4.5%~14.6%
  • 楽天銀行…4.9%~14.5%
  • 横浜銀行…1.9%~14.6%

…この通りです。
見ての通り、上限金利(高い方の金利)は、イオン銀行が「13.8%」で一番安くなっています。

続いて下限金利(安い方の金利)ですが、これは横浜銀行の「1.9%」がダントツで安いです。
ただ、横浜銀行は神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤でないと借りられませんし、もう一つ、安い理由があります。

横浜銀行カードローンは、限度額が大きい

カードローンの金利は、限度額が大きければ大きいほど安くなります。
そして、横浜銀行の借入限度額は「最大1000万円」です。

一方で、イオン銀行は「最大800万円」です。
つまり、横浜銀行の下限金利が安いのは「イオン銀行よりも、借入限度額が大きいから」なんですね。

もちろん、結構大きい差なので800万円同士で比較しても、横浜銀行の方が低金利な可能性は高いです。
しかし、上にも書いた通り、そもそも神奈川県・東京都・群馬県に住んでいないと借りられません。

ということで、誰でも借りられるという点では、イオン銀行の方が、下限金利でも「この中で一番安い」といえるのです。

…とイオン銀行の安さを正確に説明するため、解説が長くなりました。
このように適当な口コミ・評判ではなく、数字を分析した上で「一番低金利」と断言できるのが、イオン銀行です。

「夫にバレないで借りて、しかも低金利がいい」という主婦の人は、ぜひ検討してみてください。

提出書類が少ないのは、楽天銀行・横浜銀行

最初に「夫の同意書不要」という銀行カードローンをリストアップしましたが、さらに書類が少なくなる銀行があります。
それが楽天銀行・横浜銀行です。

夫の同意書を提出しない銀行カードローンでも、住民票は必要です。
住民票を提出する理由は「夫との婚姻関係を証明する」ため。
これに加えて、自分の身分証明書を提出する…というのが普通です。

しかし、楽天銀行・横浜銀行はこの住民票もなしでキャッシングできるんですね。
提出する書類は「自分の本人確認書類だけ」という、キャッシング初心者の人からしたら信じられないくらい、提出書類が少なくなっています。

夫の収入で借りるのに、自分の収入で借りるのと同じ条件なんですね。
それどころか、自分の職場への在籍確認もないので、通常のキャッシング審査よりも楽なくらいです。

もちろん、これは専業主婦が一つの職業として高く評価されているから、というのも理由です。
特に楽天銀行は本業の楽天市場で、専業主婦の人をたくさん取り込みたいということもあり、専業主婦に対して審査を優しくする、という理由もあります。

何はともあれ、提出書類が少ないと時間も節約できますし、確認する銀行側も審査にかかる時間が短くなるので、即日融資する時も楽です。
楽天銀行の口座があるか、横浜銀行のエリア(神奈川県・東京都・群馬県)に住んでいる人は、ぜひこれらで申し込むといいでしょう。

ゼニ侍がオススメするカードローン

専業主婦/総量規制関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.