新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクで借入れした場合の金利、手数料、返済方法って?

イメージ058

新生銀行カードローン レイクの金利は、消費者金融とほぼ同じと思うんじゃな!返済方法は2通りから選べるようになっちょるからのぉ、自分に合っとる方を選択することじゃな!

レイクの金利は銀行というより消費者金融

レイクの実質年率の「4.5~18.0%」という数字は、銀行カードローンの数字ではなく、消費者金融の金利といえます。
ちょうど消費者金融の金利の平均がこの数字なので、レイクは金利に関しては、銀行カードローンというよりも消費者金融と言った方がいいでしょう。

ただ、「30日間無利息」があるという点で、他の消費者金融よりも有利です。
消費者金融の金利はどこも変わりません。
差がつくとしても下限金利が少し違うくらいですが、下限金利は普通のキャッシングでは適用されないのです。

(500万円借りて初めて適用される金利なので)

というように消費者金融の金利は差がないのですが、その中でトータルの利子総額で差がつくのが「30日間無利息」なんですね。
それがあるという点で、レイクは30日間無利息がない消費者金融よりは、低金利といえます。

(ちなみに、レイク以外で30日間無利息がある消費者金融は、プロミス・アコムです)

レイクの返済方法&手数料

新生銀行カードローン・レイクの返済方法は、ごく一般的な返済方法です。
(レイクに限らず、どこでも返済方法は大体同じですが)

銀行引き落とし、銀行振り込み、ATM返済…の三通りの返済方法が選べます。
銀行引き落としは手数料無料、銀行振り込みは新生銀行なら無料です。

ATM返済は、レイクの専用ATMは無料、その他、セブン銀行か提携コンビニATMならすべて無料となっています。

レイクの返済方式は2通りから選べる

新生銀行カードローン・レイクの返済方式は、2通りから選べます。
「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」です。

2つの返済方式の違いをざっくり言うと、「ゆっくり返済する」「短期で返済する」となります。
当然ですが、短期で返済する方が毎月の負担は大きい分、支払う利子総額が小さくなります。

逆に、ゆっくり返済すると毎月楽なようですが、トータルで支払う利子総額は高くなります。

残高スライドリボルビング方式とは?

これは、毎月支払う金額がスライド(変動)します。
つまり「借入残高が多い時=たくさん払う」、「借入残高が少ない時=少額でいい」というわけです。

当たり前のようですが、当たり前ではありません。
特に「借入残高が小さい時」に月々の支払いが小さくなる…というのが曲者なんですね。

少しずつしか払わないので、なかなか減らない

支払額が小さくなるということは、要するに「なかなか完済しない」ということ。
「トドメを刺さないように、終盤で返済を遅くする」ということですね。

当然ですが、最後までペースを落とさずに、一気にトドメを刺す(完済する)方が、断然利子総額は少なくなります。
しかし、人間やはり月々の支払いは少ない方が楽なので、この方式に慣れてしまうと、ついついそのペースで、ゆっくり返済してしまうんですね。

元利定額リボルビング方式とは?

この方式は「定額」と入っている通り、毎月一定金額を支払います。
残高がどれだけであろうと、「毎月5万円」のように、一定の金額で返済を続けるわけですねl

たとえばラスト10万円になると、「残高スライド方式」の場合は、月々の返済額が減って、たとえば「5000円」程度になるとします。
しかし、「元利定額方式」の場合は、残高が10万円になろうとおかまいなしに、そのまま「毎月5万円」のペースで返済を続けるわけです。

月5万円なので、残り10万円になったら、2ヶ月だけで完済します。
という風に完済が早くなるんですね。
しかし、月々の支払いは多いので、その分努力が必要です。

稼ぐ自信があれば、元利定額方式がおすすめ

ここまで書いた通り、元利定額リボルビング方式のほうが月々の負担は大きいですが、完済は早くなります。
なので、お金を稼ぐ自信さえあれば、断然元利定額方式の方がいいです。

借金完済に限ったことではありませんが、やはり先に努力した方がいいのです。
「先憂後楽」という故事成語は、「先に苦しんで、後で楽する」という意味の、中国古典の教え。
紀元前から国境を超えて伝わっている教えが、やはりキャッシングの世界でも通じるわけです。

ゼニ侍がオススメするカードローン

新生銀行カードローン レイク関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.