新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクのおまとめローンは金利が高い?審査が厳しい?

イメージ061

レイクのおまとめローンは、はっきり言って他社と比較しても金利は高いんじゃ、おもとめローンの場合じゃったらプロミスかアイフルを選ぶんじゃな!

レイクのおまとめローンの金利は高い

ハッキリ言うと、レイクのおまとめローンは高金利です。
それは、消費者金融の各社が提供しているおまとめローンと金利を比較するとよくわかります。
ここでは、レイクを含めた各消費者金融のおまとめローンの金利を、一覧で比較します。

  • レイク…13.0%~17.0%
  • プロミス…6.3%~17.8%
  • アコム…7.7%~18.0%
  • アイフル…12.0%~15.0%

以下、この一覧からわかることをまとめます。

下限金利・上限金利、両方高い

まず、レイクのおまとめローンの上限金利の17.0%というのは、決して安くありません。
プロミスの17.8%やアコムの18%よりは安いです。
しかし、アイフルの15%の方が断然低金利なのは言うまでもないでしょう。

では、下限金利はどうかというと、これもプロミスの6.3%や、アコムの7.7%に遥か及びません。
キャッシングの知識のある人は「プロミスなどと、限度額が違うのでは?」と思うでしょう。

限度額が大きいほど、金利は安くなるからです。
しかし、これも同じなんですね。
レイク・プロミス・アコムのおまとめローンは、すべて「最大限度額300万円」なのです。
(アイフルのみ500万円です)

同じ限度額300万円なのに、下限金利が2倍以上違うわけです。
この数字はどう見ても「レイクのおまとめローンは高金利」としか言えません。
上限金利が安いならまだしも、上限金利もさほど安いわけではありませんから。

高額融資ならプロミス、少額融資ならアイフル

下限金利は高額融資の時に適用されるので、おまとめローンでも借入金額が大きい時はプロミス、借入金額が小さい時はアイフル、…という風に使い分けるのがベストです。
レイクとアコムはそのどちらにも入らないので、残念ながらおまとめローンで利用するメリットがあまりありません。

レイクは30日間無利息に加えて「5万円まで180日間無利息」もあるので、普通のカードローンとしては非常にいいサービスです。
新生銀行カードローン・レイク自体を否定しているわけではありません。

ただ、おまとめローンで比較するなら、明らかにプロミスかアイフルの方がいい、ということです。

レイクのおまとめローンの審査方法

レイクのおまとめローンの審査方法は、申し込みは電話で、自動契約機で契約手続きをします。
ネット申込みはできないので、注意してください。

基本的に、おまとめローンではネット申込みができないという消費者金融は多いです。
たとえばアコムのおまとめローン「借換え専用ローン」も、申込方法は「来店・郵送・自動契約機」のどれかとなっています。

何かしら、本人を直接確認しないといけない、というわけですね(レイクでは)。
しかし、レイクや新生銀行の店舗はそれほど多くないですし、来店を強制するのはよくないので、電話と自動契約機の組み合わせにしている、ということでしょう。

レイクのおまとめは収入証明書が必須

レイクの普段の借り入れでは50万円まで収入証明書不要ですが、おまとめローンでは収入証明書が必須となっています。
公式サイトでは「所得証明書、源泉徴収票など」と書かれていますが、自営業の人は確定申告書、納税通知書など何でもいいでしょう。

何にせよ、金額がいくらでも収入証明書が必要というのは、やはり通常のカードローンよりはやや審査が厳しいということです。
もちろん、おまとめローンなので、どの道50万円は超えますし、通常のカードローンでもその金額だったら、収入証明書が必要になるわけですが…。

おまとめローンは元利定額方式のみ

新生銀行カードローン・レイクのおまとめローンは、返済方式は「元利定額方式」のみとなっています。
これが「借入残高がいくらになろうと、毎月一定金額を払う」というもの。

この逆の「残高スライド方式」というのは、「借入残高が少なくなると、月々の支払いも少なくなる」というやり方。
一見返済が楽でいいようですが、いつまで経っても完済できないので、どんどん利子総額が膨らんでいきます。
(本人は気づかないのですが)

元利定額に設定されているのは、いいこと

上にも書いた通り、「残高スライド方式」だと、楽できているようで、トータルで見ると全然楽できていないのです。
なので、最初のうち苦しいように見える元利定額方式の方がいいんですね。

この点、レイクのおまとめローンは最初からそういう設定になっているのは、いいことです。
少し返済が厳しいように感じられるかも知れませんが、トータルの利子総額を減らすために努力して返済なさってください。

ゼニ侍がオススメするカードローン

新生銀行カードローン レイク関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.