キャッシング審査関連

複数の会社での借り入れについて

カード達

借入がこじゃんちあるかよ?ざんじ返済した方がよかけんど、銀行の住宅ローン気にしなくてええがじゃ。

借入金額が、多くなければ複数借入はそれほど気にしなくてもいい

初めてキャッシングする人であればもちろん利用する会社は一つになりますが、これまでに他社で借り入れを行っており、さらに複数の会社で借り入れがしたいと思った場合に、やはり気になってしまうのは他社で借り入れがある状態にもかかわらず、新しく借り入れをする際の審査に通過できるかどうかといった部分になります。

あまりにも他社での借り入れが多すぎてしまう場合にはもちろん断られてしまうことになりますが、他社の借り入れがさほど金額が多くない状態であれば、消費者金融の審査に通過することができる可能性が高いと言えます。また銀行などの場合には消費者金融などで借り入れがあっても前向きに融資を行ってくることが多いので、このようなポイントも覚えておくと良いでしょう。

複数の金融機関に借り入れを行っているのは様々な理由があり、古くから経営している消費者金融でお金を借りていながらも、新しくできた消費者金融でお金を借りたいなどといったケースもあります。

必ずしもお金に困っていて、それだけ沢山のお金を借りたいから複数の会社を利用するといったものではありませんから、こうした部分については比較的柔軟な審査を行ってくれるようです。

他社での借入の総額はいくら??

ただ、他社での借り入れがあればあるほどに、審査の結果借りられる額は小さくなってしまいますので、この部分は自分の中で留意しておくようにしましょう。

やはり他社で借り入れのある状態でも柔軟な審査をしてくれるのは消費者金融が一番です。

銀行の場合には他社借り入れに関わらず審査そのものがシビアなので、情報機関に表示されている借入が複数社であると収入証明の提出を求められたりすることがあります。

一方消費者金融は収入証明の提出を求められてしまう事も少なく、借り入れがしやすい特徴にありますので、頼りがいのあるといえるでしょう。

もちろん他社での借り入れを行っている状態の中、他社への返済がしっかり行えていなければ審査に通過することが難しくなりますから、しっかりとした返済を行っていることが大切です。

特に他社の借り入れは信用情報に大きなポイントになってきますので、これまでに計画的、そしてなおかつしっかり期日を守った返済ができることが審査の最低ラインとなります。

その他、総量規制のための施策行われますが、範囲内であればスピーディーな融資を行ってくれる消費者金融がたくさんあります。

以前よりも複数社での借り入れに対して柔軟な消費者金融や銀行などが増えましたから、あまり気にせず一度申し込んでみるのも良いでしょう。

さらには銀行などで住宅ローンを組んでいる場合、消費者金融で借り入れが難しいと思ってしまう人もいるようですが、銀行の住宅ローンなどは総量規制の対象外であり、消費者金融で行われている審査を含め、影響を及ぼすものではありませんので安心して申し込みをしましょう。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.