キャッシング審査関連

キャッシングの自動審査、簡易審査って?各社の特徴一覧

zenizamurai028

自動審査(もしくは簡易審査などとも呼ばれます)ってなんでしょう?

まず、当サイトが独自の解釈ですが自動審査は大きく2種類にわけられます。 一つ目が、ごくごく簡単なシステムによる自動審査で、年収や他社での借入状況を入力することで「いくらくらい借り入れ可能か?」を回答してくれるシステムです。入力項目はほとんどなく、結果もごくごく一般的な参考レベルのものです。

自動の回答システム一覧

プロミス 3秒診断 生年月日、年収、現在の借入金額
アコム 3秒診断 生年月日、性別、独身既婚、他社での借入金額と件数
アイフル 1秒診断 年齢、雇用形態、年収、他社借入金額
レイク お借入れ診断 生年月日、年収、他社での借入金額と件数
ノーローン お試し診断 年齢、年収、他社での借入金額と件数、他社での返済の遅れのありなし
東京三菱UFJ銀行バンクイック お試し診断 生年月日、性別、独身既婚、保険の種類、他社での借入金額と件数

自動審査とは生年月日や年収、現在の借入金額などの簡単な項目を入力することで「いくらくらい借り入れ可能か?」を自動で判定してくれるシステムのことです。キャッシングサービスを提供している大手の何社かがこの自動審査システムを提供しています。ちなみに、この自動審査システムですが、借入OKという結果が出ても”絶対に借りられるわけではない”のでご注意ください。

自動審査はあくまで少ない項目で判定した場合の自動で判定された審査結果でしかないので、その後の本審査とは別になります。 自動審査はあくまでお試しの審査結果だと思ってください。ですので、とりあえずやって自動審査をやってみて→そのまま本審査に申し込むのが良さそうですが、別に自動審査をすっとばしていきなり本審査に臨むのも問題はありません。 この自動審査というのはどのような仕組みで行われているのかが気になっている人もいるでしょう。

コンピュータの気分次第で審査期間が決まっているだけではなく、ある一定の決まりに基づいて審査が行われています。 インターネットから審査申し込みをする場合には住所や氏名、その他職場に関しては自分で記入する項目となっていますが、その他職業や職種、また年収などに関してら画面のプルダウンから選択するような方法になっていることがほとんどです。 このプルダウンで選択するところにポイントがあるのですが、それぞれの項目によってポイントが決められています。

これはコンピュータ内部で決められていることになるのですが、申し込む側が選んだプルダウンの項目によってポイントが付く仕組みで、トータルのスコアが融資基準を満たしていれば融資可能と言う診断が出ますが、試してみればわかるようにあくまでごくごく簡単なシステムによるジャッジでしかありません。勤め先の情報や、システムによっては年収すら不要になっているので、あまりこの結果を真に受ける必要はないとおもいます。

申し込みの段階ですぐに仮の審査結果を表示してくれるタイプ

そして、二つ目が「審査フローの中に自動審査が組み込まれているもの」です。この自動審査は上記の簡単な判定とは異なり、勤務先情報などの詳細な個人情報を入力したうえで行われるので、スピーディにより正確な結果が得られます。

サービス名 自動審査結果
SMBCモビット 10秒で簡易審査結果表示
プロミス 申込み完了画面で確認

申し込みに必要な入力項目が詳細な個人情報や勤め先の情報などを入力し申し込みをすると

→SMBCモビットは10秒で簡易審査結果表示
→プロミスは申込み完了画面で仮審査結果が表示されて

→その後の本審査に進むという流れになります。

こちらの審査フローの中に自動審査が組み込まれているタイプの自動診断の正確性は高いです。本当の意味でのシステムを活かした自動審査システムを提供できているのは現時点では、SMBCモビット、プロミスだけともいえるでしょう。

というわけで、本当に出来るだけ正確な診断結果を早く知りたいと言う方は、SMBCモビット、プロミスをお勧めします。

キャッシング審査の裏側、スコアリングから仮審査→本審査の流れ

年収や勤め先、その他の個人情報などなど、申し込まれた情報に基づいてすべてコンピュータが自動的にスコアリングを行い仮審査が行われる仕組みになっています(スコアリングっていうのは要するに点数付けのことです)。

一部の業者ではパート・アルバイトの場合には審査に通せない、他者での借入が複数社ある場合には審査を通せないと、スコアリングの前にこれはダメとNGが設定されている場合がありますが、基本的にはスコアリングを基に審査可否、融資額が決まります。 ここで仮審査に落ちてしまえば、本審査に進むことはありませんので、お金を借りることができませんが、仮審査に受かれば本審査のための確認電話などがあり、ここで在籍確認や本人確認ができれば本審査が無事終了で、融資スタートとなりお金を借りることができます。

これがキャッシング審査の裏側で行われているスコアリングから審査、融資までの流れです。 ちなみに、あるユーザーから寄せられた体験談ですが、「自動審査の結果ギリギリのスコアリングでお金を借りたい」といった場合には、在籍確認等の電話がかかってきた際に自動契約機まで足を運んで欲しいと言われることあります(スコアリングがギリギリというのはあくまで自己申告ベースの推測ですが)。

さて、で、もし、ここで足を運ぶことができなければですが、システム上数日間の猶予の後、申し込みを却下されてしまいますので、お金を借りたいと思っているのであればどこかで時間を作り、無人契約機に足を運ぶようにしましょう。 在籍確認で電話がかかってきた際にはスタッフの話をよく聞いて、必要であれば契約機に足を運ぶなどお金が借りられる方法を見つけてください。

特に年齢が若い場合や現在の職場で働きだしてから年数が浅いなどといった場合には自動契約機に足を運んで欲しいと言われることもあり、近くの契約機を案内されることがあります。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2018 ゼニ武士 All Rights Reserved.