キャッシング審査関連

職場への電話連絡を回避!キャッシング電話連絡をなしにする

zenizamurai257

消費者金融系のいくつかは電話連絡なしの相談・ネット完結での申込みが可能なんじゃ!

「モビット・プロミス・アコム」なら出来ます。
それぞれの方法は下の通りです。

1.モビット
・ネットから申し込む
・三菱東京UFJ銀行 or 三井住友銀行の口座が必要
・「会社の保険証」「給与明細」を提出(メールで)

2.プロミス
・ネットでなく「電話から」申し込む
・電話での在籍確認に対して要望がある場合は申込完了後すぐに相談

3.アコム
・ネットでなく「電話から」申し込む
・書類の提出はなし
・提出してもしなくても、確認が取れるまで、限度額が10万円以下に

…という風です。一番簡単なのは「モビット」。
プロミス・アコムは「電話で申し込む」必要があります。

というのは、ネットで申し込むと「業者がすぐに在籍確認をしてしまう」可能性があるため。
それを「封じる」ために、最初から「電話で申し込む」のです。

そして「在籍確認の電話をなしにしていただきたいのですが…」と言えば、対応してもらえる可能性があります。
プロミスならネット申し込みでも良いので、手続き完了後、すぐに相談してください。アコムはそのまま減額されます。

以上「電話連絡・在籍確認を回避する方法」です。
ここからは、さらに詳しく補足します。

(ちなみに、アイフル・レイク・ノーローンは在籍確認必須です。回避はできません)

【目次】

1.モビットで電話連絡をなしにする時のポイント
1-1.『三菱東京UFJ銀行』か『三井住友銀行』の口座がある人限定
1-2.必要書類は『保険証』『給与明細』
1-3.電話でお願いしなくていいのが、最大のメリット

2.プロミスの電話確認をなしにするポイント
2-1.ネットでなく「電話でお願い」するのが少し面倒
2-2.銀行口座がどこでもいいのは、モビットより便利

3.アコムの在籍確認回避は簡単だが…
3-1.書類の提出がないので、ある意味一番ラク
3-2. 10万円以上借りたい場合は、モビット・プロミスで

4.まとめ&補足
三菱東京UFJ銀行カードローンも、在籍確認なしでOK?

1.モビットで電話連絡なしにする時のポイント

1-1.『三菱東京UFJ銀行』か『三井住友銀行』の口座がある人限定

モビットは一番「電話連絡をなし」にしやすいです。
しかし、唯一のハードルがこれでしょう。

銀行口座はすぐには作れません。開設に4日~7日かかります。
なので、即日融資希望の場合、これらの口座がなければアウトです。

逆に、あったら楽勝。
「電話でお願い」したりする必要もなく、全部WEBでスムーズにできます。

(楽勝といっても、絶対に回避できるというわけではありません。言葉のアヤです)

1-2.必要書類は『保険証』『給与明細』

保険証は「国民健康保険」ではダメです。
「会社に勤めている証拠」が必要なので「会社の保険証」です。

給与明細は、当然ですが最新のものを提出しましょう。
最新のものを出さないと「先月、辞めたのかも知れない」と思われます。

ない場合は仕方ないですが、最新のものでないと若干不利になります。

1-3.電話でお願いしなくていいのが、最大のメリット

先にも書いた通り「電話でお願いしなくていい」というのがモビットの最大のメリット。
「電話連絡なしの希望」まですべてWEBのみで完結する、ありがたいシステムです。

(というより、希望を出さなくても、これらの条件を満たしていれば、モビットが自動的に審査完了してくれるわけです)

…というわけで、電話連絡をなしにしたいなら、おすすめは断然モビット。
(三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座があればですが)
2.プロミスの電話確認を回避する

2-1.ネットでなく「電話でお願い」するのが少し面倒

プロミスの場合は以下のような表記になっています。

「電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。」
なので、ネットで申し込んですぐに電話で在籍確認をなしにしてほしいという要望を伝える必要があります。
「プロミスの審査部が、すぐに在籍確認してしまう」その前にです!

申込みの段階で、職場の電話番号を書かないわけには行きません。
となると、この「すぐの在籍確認」を防ぐには、「こちらから電話でお願い」するしかないのです。

というわけで、若干面倒ですが、最初の申し込みを電話からします。
あるいは無人契約機ですね。
どちらにしても「対面で直接話せる」方法で申し込みます。

2-2.銀行口座がどこでもいいのは、モビットより便利

プロミスの方がモビットよりいい点は「銀行口座の指定がない」ということ。
つまり「三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない」方の場合、モビットではなく、プロミスで申し込むことになります。

アコムでもいいですが、アコムは限度額を思い切り減額されます。
(10万円以下)

それでいいならいいですが、「10万円以上借りたい」「でも、2つの銀行の口座がどちらもない」という場合、プロミス一択です。

ただ、これも「絶対に電話確認を回避できる」というわけではないので、あくまで「できることが多い」くらいに思ってください。

3.アコムの在籍確認回避は簡単だが…

3-1.書類の提出がないので、ある意味一番ラク

アコムは在籍確認を回避するというより「しないと勝手に減額される」というスタイル。

プロミスの時と同じく、電話や無人契約機などを使って「直接話して」申し込みます。
そうして、「今日職場が休みなので、在籍確認ができないのですが…」などと申告。

そうすると「では、在籍確認が取れるまでの期間、限度額を○○万円にさせていただきます」という流れになります。
(10万円以下で、その人によって金額が違います)

何も提出しなくていいので、楽といえば一番楽ですね。

3-2.10万円以上借りたい場合は、モビット・プロミスで

10万円でいいならアコムが一番簡単ですが、これでは足りないという方は、モビットかプロミスです。
といっても、キャッシングを利用する方の金額は大抵の場合「3万円・5万円・10万円」のどれかなので、アコムで十分かも知れません。

ただ、アコムは「10万円以下」というだけで「5万円」などになる可能性も。
こればかりは、審査を受けてみないとわかりません。

特に「今日中に10万円必要」とか「8万円必要」というギリギリの場合は、やはりプロミス・モビットの方がいいでしょう。

4.まとめ&補足『三菱東京UFJ銀行カードローンも、在籍確認なしでOK?』

消費者金融の「在籍確認なしOK」の会社は、ここまでの3社のみ。
しかし、銀行でもう1社、『三菱東京UFJ銀行』が行けるかも知れません。

というのは、三菱東京UFJ銀行カードローンは「土日・祝日でも審査可能」なのです。
土日・祝日でも即日融資されます。

しかし、土日に休みの職場も多いでしょう。
ということは、土日に申し込んだ人は、「その日借りられない」ということ。

普通の銀行なら「はい。また平日に来てください」となるのですが、三菱東京UFJ銀行カードローンは、感覚がかなり消費者金融に近いです。
そのため、「柔軟な対応」をしてもらえる可能性も考えられます。

あくまであなたの年収や職業、これまでの信用情報などで「総合的に判断」されるでしょうが、「在籍確認なしで行ける」可能性もあります。
(実際、そういう体験談も多々見られます)

絶対ではないですし、消費者金融の3社より可能性は低いですが、できるかも知れません。
「できれば銀行がいい」という場合、三菱東京UFJ銀行で申し込んでみましょう。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.