キャッシング審査関連

キャッシング審査に通過しやすい人とそうでない人がいる理由

zenizamurai213
キャッシングの審査は「普通の人は、誰でも通る」もの。
「普通」というのは下のような条件です。

  • 安定収入がある(パート・アルバイトでもいい)
  • 今の職場で、最低半年は勤めている
  • 借り入れがない
  • 過去に返済トラブルがない

これだけです。別に「高い年収」とか「一流企業勤務」とか、なくていいのです。
「ごく普通」であれば通るんですね。

落ちる人は、大抵この逆です。
ご本人が一番よくわかっているでしょう。

ただ、「そうでないのに落ちる」というケースも。
ここでは「普通の人でも落ちる」理由(原因)を紹介します。

【目次】

1.普通の人でもキャッシングの審査に落ちる理由(原因)
1-1.同時に複数申し込んだ
1-2.希望金額が大きすぎた
1-3.在籍確認の電話で、職場の人に「そんな人はいない」と言われた
1-4.信用情報に間違ってトラブルが記録されている

2.まとめ
カードローンは受かるのが普通。なぜ落ちたか考えるより、働くべき

1.普通の人でもキャッシングの審査に落ちるケース

1-1.同時に複数申し込んだ

キャッシングやクレジットカードの審査に一気に同時に申し込む。
これは普通の人はやらないことです。

これをやると、業者側は警戒するもの。
下のような人物だと思われるからです。

  • お金に困って、借りまくっている
  • 困っていないが、確信犯的に、借りまくって逃亡しようとしている
  • 自己破産が認められるレベルまで、借り入れを増やそうとしている

最後の自己破産については、一部の弁護士などが破産希望者に勧めることすらあります。
(本当はいけないのですが、バレなければ通るので)

いずれにしても「同時申し込み」をする人は危険。
だから、悪気はなくても「同時申し込みが原因で」落ちることはあるのです。

■悪気がなくても同時申し込みするケース

たとえば、いわゆる「自己アフィリエイト」でよくあります。
クレジットカードやキャッシングに申し込みすると、それだけで数千円程度もらえる、というシステムがあるんですね。

(別に変なものではなく、銀行の店頭でカードを契約しても、2000円分のクオカードなどがもらえます)

で、それを目当てに「一気に大量に申し込んで」しまう人がいいるのです。
気持ちはわかりますが、上に書いたような理由で「何、この人」と、業者側から思われてしまうんですね。

そうして審査に落ちると、肝心の自己アフィリエイトの報酬もゼロに。
「契約して初めて」報酬が発生するからです。

「お金ももらえず」「自分の信用情報にも傷がつく」ということで、同時申し込みはデメリットばかりです。
稼ぎたい気持ちはわかりますが、くれぐれも注意してください。

1-2.希望金額が大きすぎた

年収に対して「あまりに希望金額が大きすぎる」というのも、落ちる原因に。
といっても、大抵は「適切な金額を提案される」だけで、「落ちる」までは行きません。

「落ちる」まで行くのは「あまりに非常識な」金額を希望した場合。
たとえば年収300万なのに「借入金額1000万」を希望する、などです。

ミスって選んだにしても、確認画面は出るはずです。
それを確認しないような人は、仕事で重大なミスを犯したり、交通事故で働けなくなったりする可能性も高く「安心できない人」の可能性が大。

なのでミスだったとしても、こういう希望金額を出してしまうと、落ちることがあります。
ミスでなく「わざと」やっていたら」当然アウトです。

1-3.在籍確認の電話で、職場の人に「そんな人はいない」と言われた

実は、これは結構あります。原因は下のようなものです。

  1. 名前を聞き間違えた
  2. あなたのことを知らない人だった(その場合、『よくわかりません』などと答える)
  3. 不審な電話だと思い、あなたを守ろうとした

…というものです。

(1)名前を聞き間違えた

在籍確認の電話をする人はプロなので、聞き取りにくい声でしゃべる、ということはありません。
それでも聞き間違えるというのは、聞く側が年配の方だったり、あるいは電話機の調子が悪かったり…というケースです。

あまりないケースだとは思いますが、「うちの職場ならありうるな」と思った場合「電話確認なし」にできるサービスを選びましょう。
(モビット・プロミス・アコムなど)

これらのモビット、アコムの場合「社員証、会社の給与明細、会社の保険証」などを提出すれば、電話連絡をなしにできます。
プロミスの場合は「電話での在籍確認に対して要望がある場合、申込完了後すぐに相談する」必要があります。

(2)あなたのことを知らない人だった

特に規模が大きい会社では、よくあること。
この場合「職場の電話番号」の指定がポイントです。

つまり「この部署なら、誰でもあなたのことを知っている」という部署の番号を教えるのです。
「会社全体の代表番号」を教えることはよくありますが、これだと取次の手間もかかりますし、「あなたを知らない人」が電話を取るケースも多数。

なので、くれぐれも「あなたを皆知っている部署」の番号を伝えてください。

(3)不審な電話だと思い、あなたを守ろうとした

これはありがたいことですが、審査的には困ったものです(笑)。

特に職場で好かれている方だと、こういうこともあります。
あなたの役職的に「○○さんに電話なんて来るわけがない」と思ったら、たとえば女性なら「ストーカーかも」思われることがあります。

男性の上司などが、かわいい部下を守るために「そんな社員はおりません」と答えることも考えられます。

ただ、これもめったにないケースです。
女性あての在籍確認の場合、大手なら必ず女性がかけます。

女性社員を雇う余裕がない中小の貸金業者の場合、男性がかけることもあるでしょう。
しかし、大手なら確実に大丈夫です。

なので、借りるなら当然ですが、大手をおすすめします(これに限らず、他の理由からも)。

1-4.信用情報に間違ってトラブルが記録されている

これもめったにないですが、稀にある原因。

信用情報というのは「あなたのキャッシングの履歴」です。
あなたのカードローンやクレジットカードの利用・返済・申し込みなどの履歴が、すべて保管されています。

この記録に問題があると、審査でも当然不利に。
ただ、たまに間違って「問題のある履歴が記録されてしまう」こともあるのです。

なので「絶対に自分が落ちるわけがない」と思うのに落ちた場合、この可能性があります。
その場合は、情報を管理している「信用情報機関」に、「開示請求」をしましょう。

情報を管理している組織は下の通りです。

  • JICC(主に消費者金融系)
  • CIC(主にクレジットカード系)
  • 全国銀行個人信用情報センター(主に銀行系)

過去にあなたが使った金融サービスに合わせ、「保管しているならここだな」と思うところで、開示請求をします。

といっても、実際には3ヶ所の共有情報は、かなりかぶっているもの。
わかりやすく上のように分類しましたが、きっちり分かれているわけではないのです。

なので、とりあえず普通の方の場合「JICC」「CIC」のどちらかに請求すればOK。
全国銀行個人信用情報センターは「郵送のみ」ということで面倒ですが、JICCとCICはパソコン、スマホ、ガラケーなどあらゆる方法で申し込めます。

2.まとめ『カードローンは受かるのが普通。なぜ落ちたか考えるより、働くべき』

「審査に通る人の理由」をほとんど書きませんでしたが、冒頭にも書いた通り「通る理由」などないのです。
「普通なら通る」という、それだけなんですね。

もちろん、条件がいい人ほど通りやすいです。
たとえば下のような条件なら、ほぼ確実に通るでしょう。

  • 年収400万以上
  • 公務員 or 大手企業
  • 勤続年数5年以上

しかし、ここまで立派でなくても、

  • 年収200万程度
  • フリーター
  • 勤続1年

…程度でも十分受かるのです。
もっと不利な条件でも「限度額10万円」くらいなら通ります。

なのに落ちたとしたら、あなた自身が理由を一番よくわかっているはず。
その場合「なぜ落ちた?」などと考えるのは時間のムダです。

人生自体を改善するためにも、まずは一心不乱に働くのが一番。

「短期間で正社員になれる仕事を選ぶ」
「バイトを増やして、借り入れを減らす」
「ブラックリストに入っているなら、時間が経つのを待つ」

…という地道な努力をしましょう。
(私が多重債務者だった頃、こういう話は耳が痛かったですが、やはりそれしかないのです)

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.