キャッシング審査関連

≪徹底比較≫消費者金融と銀行のおまとめローン

イメージ103

即日融資がしたい、審査が厳しいのはちょっとっちゅう場合は消費者金融を選ぶぜよ!限度額をできるだけ大きく、金利を安くしたいちゅうことじゃったら銀行を選ぶといいかもしれんのう。

なぜ消費者金融だけ専用コースがあるのか?

この理由は、消費者金融は本来「総量規制を超える」ことができないからです。
おまとめローンには「総量規制を超えて融資する」ことが必要なのです。

おまとめローンは借金の一本化のために使うもの。
そして、借金の一本化をするには「一つの業者を残し、他を全部完済」する必要があります。

完済するには、当然お金が要ります。
で、そのお金をどこから用意するのか。
多重債務者の人には、当然貯金などありません。

だから、追加で借り入れして返済する

ということで、追加で借り入れをして返済します。
しかしここで問題になるのが「総量規制」。
「年収の3分の1までしか、キャッシングできない」というルールです。

まだ年収の3分の1に達していない人ならいいのですが、大抵の人は達しています。
あるいは、かなり近い金額になっています。

ということで、「年収の3分の1を超えて融資する」ということが必要なんですね。
しかし、消費者金融は総量規制のルールによって、それができない。

なので「借金の一本化の時だけ、特別に総量規制のルールをなしにしよう」となったわけです。
これが「総量規制の対象外」という言葉の意味です。

そして、消費者金融はおまとめローンという専用のコースだけ、その総量規制の対象外になるよう、国から認可をもらっているわけです。
なので「普段のうちのカードローンは総量規制の対象ですが、このコースは違いますよ」という意味で、おまとめローンの専用コースを設けるのです。

銀行カードローンはそれが必要ない

これに対して、銀行カードローンは最初から「総量規制の対象外」なので、こうして専用コースを用意してアピールしなくてもいいのです。
もちろん「おまとめ・借り換えOK」ということは強調した方がいいので、おまとめローンを歓迎している銀行カードローンは、それを公式サイトに明記しています。

ただ、消費者金融のようにあえて「専用コース」を作る必要はないんですね。
地方銀行などはよく作っていますが、大手銀行はめったに作りません。
(この違いはなぜなのか、現在調査中です)

銀行のおまとめローンの方が、限度額が大きい

もう一つの違いは、銀行の方が、おまとめローンの借入限度額も大きいということ。
消費者金融の場合、プロミス・アコムは300万円、アイフルは500万円なのです。

プロミス・アコム・アイフル以外の消費者金融は、おまとめローンのコースを持っていません。
つまり、モビットもノーローンも持っていません。

ということで、消費者金融のおまとめローンの限度額は、この300万円か500万円、というのが全てです。
これに対して、銀行カードローンは「300万円まで収入証明書不要」というのが普通ですし、最高限度額も500万円~1000万円まであります。

特におまとめローンに積極的なカードローンでは、みずほ銀行の1000万円、オリックス銀行の800万円、イオン銀行の800万円…と、そうそうたる金額が並んでいます。

実際にこれだけ借りることは少ないが…

おまとめローンは借入金額が大きくなるものなので、限度額は大きい方がいいです。
ただ、実際にはこの800万円や1000万円のような金額を借りる人はいないでしょう。

そのくらいの多重債務を背負っている人は結構いますが、それと融資してもらえるかは別問題。
おまとめローンは別にボランティアではないので、返済できると判断した人にしか融資しないのです。

というわけで、銀行カードローンのおまとめが、最大でこれくらい借りられるとは言っても、実際に借りることはまずありません。
ただ、一応限度額についてはこういう違いがある、ということです。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.