キャッシング審査関連

今の借金額は?おまとめローン(計画返済支援の融資)を検討すべき借入額はいくらなのか?

イメージ098

おまめローンはいくらからっちゅう決まりはないんじゃがのう!借金を返済計画を再編することで、精神的ストレスも減るし、返済の手間や手数料も減るんじゃからおすすめするがのう!

返済計画の再編をするとストレスが減る

80万円程度で返済計画の再編をする必要はない、個別に返済すればいい―、という意見も多いでしょう。
もちろん、返済計画を再編するのが大変な状況で、小さ借り入れが多く「個別に潰す」というのがやりやすい場合、それでいいと思います。

しかし、まだ追加で借りられるなど「返済計画の再編がしやすい」状況の場合は、迷わず追加の借り入れをして、返済計画の再編をするべきです。
というのは、たとえ80万円程度であろうと、返済計画の再編をすると、それだけで返済のストレスが減るからです。

借金を背負っているストレスの悪影響は大きい

借金を背負うのが当たり前になっていると、そのストレスがどれだけ自分に悪影響を与えているか、気づかないものです。
しかし、誰でも「完済したら楽だろうな」ということは考えるでしょう。
「毎月のこの利息がなければ…」とも思うはずです。

実際、多重債務を完済すると、想像以上にスッキリして快適になりますが、返済計画の再編は少しでもそれに近づく道です。
完済の目標が明確になることで、それだけでも返済のモチベーションが上がりますし、いろいろなムダが排除されます。

返済の情報を、できるだけ排除した方がいい

少額でもバラバラで借りていると、「さあ、5月までに完済しよう」と思った時、考えるべき情報が増えます。
「アコムで10万、プロミスで20万、アイフルで30万…」という風ですね。

これは凡人の常ですが、凡人は何でも「難しくしてしまう」のです。
数学の証明が一番わかり易い例ですが、達人の証明は「驚くほど情報が少ない」ものになっています。
「ムダがない」ということですね。

「別に、全部の業者の残高を数えたって、8秒で終わるじゃん」と思うかも知れません。
しかし、これがもし1社だけだったら「プロミスで80万」という1秒で終わるのです。

秒数にしたら7秒の差ですが、倍率で行けば「8倍」なのです。
そして、こういう人は大抵、日常でも仕事でも、すべての場面でこのように「8倍ムダな思考」をしています。

だから、普通の人は「決断が遅い」のです。
考えることが多いのだから当然です。
脳という臓器に多くの電気信号を処理させているのだから、答えが出るのが遅いのは当然なんですね。

しかも、多くの電気信号を処理するということは、脳の神経回路が疲労するということです。
多くの人は意識していませんが、脳は臓器なので、肝臓に休肝日を設けるように「極力休ませる」ことが大事なのです。
(休みすぎはダメですが)

というように、借金返済をスムーズにするということもあるのですが、何よりも、多重債務者は「人生の立て直し」が必要なのです。
そのためにも「ムダな情報は人生から完全排除する」「芸術など、良質なムダだけを楽しむ」というメリハリを、習慣にするべきなのです。

返済の手数料・手間が削減される

ここまでは本質的な話をしましたが、具体的なメリットを語ると、どんな少額であっても、返済計画を再編することで、返済の手間・手数料がなくなります。

たくさんの業者で返済していれば、それぞれのATM返済などで手数料がかかります。
特に消費者金融は銀行・コンビニのATMがほとんど有料になっているので、これらを使って返済するたびに、100円、200円という手数料が発生するのです。

例えば月に600円の手数料を払っていたら、1年で7200円です。
これを安いと思える多重債務者の人はいないはずです。

少なくとも、自分よりお金持ちの人はこのお金を払っていなくて、お金のない自分は払っているのです。
この矛盾を、痛烈に感じなくてはいけません。

もし上の手数料「1年で7200円」というのを見て、「安い」と感じるようなら、現時点で相当金銭感覚がおかしい、と感じるべきでしょう。
少し厳しい言い方かも知れませんが、私も多重債務者だった時代はそうでした。

「月額500円」などの金額を、安いと言ってはいけない立場の人ほど、なぜか「安い」と思ってしまうのです。
そして、どんどんムダな出費をするのです。

逆に、こういう出費が痛くも痒くもない人ほど、これらのムダにはシビアです。
彼らはこういう出費にシビアで、代わりに使うべき場面で一気に使うというメリハリがしっかりしているからこそ、お金持ちになれたのです。

借金の返済というのは、自分の金銭感覚のなさを痛感して、何かと心苦しいものです。
しかし、その苦しさや現実を直視すると、これほど自分を反省するいい機会もないのです。

…というように「ささいなムダでも、完全に排除する」という思考を持ち、二度と利息など払わない生活になるために、80万円程度の少額であっても、返済計画の再編をすべきと自分は考えます。

ただ、冒頭にも書いた通り「おまとめローン(計画返済支援のための融資)」という専用のコースでなくてもかまいません。
専用のコースは、150万円以上などの大金をまとめるためのものです。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング審査関連関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.