キャッシング体験談

リストラで生活できずにお金を借りた|36歳 男性パート

zenizamurai062

リストラで仕事を失うんはつらいことじゃき、じゃが、失業保険なんちゅーのもあるから利用してみるとよか!

僕は恥ずかしい話ですが、今はパートとして働いています。
大学を卒業してから一途に貢献してきた会社からリストラをくらい次の職場を見つけることができず、生活をするためにパートとして働いているのですが、今でこそある程度収入を得られているものの、リストラに遭ってからすぐは生活することができず、消費者金融でお金を借りながら生活をしていました。

今はパートが見つかり、お世話になっているパート先からしっかりとしたお給料をもらっているので消費者金融で借りたお金は返済が終わり生活をすることができていますが、やっぱりそれでもリストラされてしまったことによって家族には多大なる迷惑をかけていると思います。

そのためできるだけ早く次の職場を見つけたいと思ってはいるものの、なかなか思うように仕事が見つからず妻にも働いてもらいながら毎月の生活をやりくりしています。

リストラにあった当初は本当にどうすることも出来ず路頭に迷ったのですが、妻と話をした結果、お金を借りるしかないという結論に至り、まずは一度友人が経営している会社で働いていることにしてもらい、その条件で審査の申し込みをしました。

●失業してしまった人のためのマメ知識
サラリーマンとして働いていて失業してしまった方は「失業保険」を受け取ることが出来る可能性がありますので、受給可能かどうかを調べるのをおすすめします。失業保険は簡単に言うと「会社をっ辞めたサラリーマンが貰える手当」なのですが、全員が受給可能と言うわけではなく、条件を満たさなければならないのでまずは受給条件を確認していきます。

  • 雇用保険適用事業所で働いたこと※勤務先が雇用保険適用事業所であれば、給与明細で雇用保険と言う名目で数千円が引かれているはずです。
  • 雇用保険に加入していた期間が12か月以上※倒産などやむを得ない場合は6カ月に短縮される制度もあります。

ハローワークで求職の申し込みをしていること※働く意思を示さなければ受給対象になりませんのでご注意ください。

上記に当てはまる方は、借入れを考える前にまずは失業保険などの受給が可能かどうか?を調べてみましょう。こういった手当は自分で申請しない限り受け取ることが出来ません。

リストラ→知人の会社→資金借入れ→パートで復活!

その結果審査に通過することができたので、お金が限られたのですが、最初に借りられるお金はさほど大きなものではなく、20万円ほどでした。

でもこの20万円は1ヶ月生活をするには十分なほどで、すぐにパートを見つけて働き出したためこの後の借り入れに関しては返済をしながら本当に足りない時だけ3万円を借りたり1万円を借りたりという生活です。

今ではほとんど借り入れ残高もない状態ですが蓄えなども一切ないので、万が一のことがあればまた消費者金融に頼るしかありません。リストラをする側としてはこんなことまで考えていないかもしれないけれど、何年も貢献してきた人間に対してあまりにも非情な仕打ちだと会社を恨んだこともありました。

しかし、いつまでもそのことを思っていても自分の生活は待ってくれませんから、何にせよ働くしかありません。その時でも良心的にお金を貸してくれた消費者金融は本当に神様のような存在でした。
僕も妻も借金をすることには大きな抵抗を感じてしまいました。自分たちの生活のためを思えば致し方ない方法でした。

あんなにもスピーディにお金を貸してくれたことで支払いなども遅れることがなく、なんとか厳しいながら生活を送ることができていますから、消費者金融というのは本当に消費者の味方なんだと実感しています。

実感と言うよりも痛感ですね。
あとは今後の就職先が見つかることを祈るのみですが、なかなか簡単には見つけられそうにありませんので今お世話になっているパート先でいつか社員になれることを夢見ながら頑張っていこうと思っています。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング体験談関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2018 ゼニ武士 All Rights Reserved.