即日融資の知識

カードローンの即日融資のやり方 コツを押さえて今すぐ現金!

zenizamurai219

すぐにゼニが必要じゃとしたら困った状況じゃな。即日融資の方法をちゃんと実践してピンチを乗り切るんじゃ!

キャッシングで即日融資してもらうコツは

  1. 時間的なコツ
  2. 審査に通るコツ

の2つがあります。

1.時間的なコツ

  • 振り込み希望…平日午前中に申し込む
  • ATMで直接借り入れ…21時までに自動契約機に入る

2.審査に通るコツ

  • 借り入れが複数ある場合、まとめておく
  • 貯金があるなら、全額おろして、少しでも返済しておく
    (後でまた借りて貯金すればいい)
  • 実家に住めるなら、実家に住む

…という風です。以下、詳しく説明します。

【目次】

1.時間的なコツ
1-1.振り込み希望…平日午前中に申し込む
1-2. ATMで直接借り入れ…21時までに自動契約機に入る

2.審査に通るコツ
2-1.借り入れが複数ある場合、まとめておく
2-2.貯金があるなら、全額おろして、少しでも返済しておく
2-3.実家に住めるなら、実家に住む

3.まとめ
理想的なのは、正社員になること

1.時間的なコツ

1-1.振り込み希望…平日午前中に申し込む

銀行は15時で締まります。
そして、業者が振り込みするには、「手続きの時間」が必要。

この2点から、それぞれの業者で「銀行振り込みの受付、締め切り時間」が決まっています。
(下の表の通りです)

消費者金融 締切時間
プロミス 14時50分
モビット 14時50分
アコム 14時30分(ゆうちょは14時)
アイフル 14時
レイク 14時
ノーローン 12時30分

ノーローン以外はすべて「14時以降」です。
そして、審査にかかる時間は「1~2時間」。

ここから逆算すると、どの業者でも「平日の午前中には申し込むべき」ということです。
(土日は銀行が閉まっているので、最初からアウトです)

ちなみに、ノーローンの場合は「午前10時半まで」に申し込むべきでしょう。

(ノーローンはもっと大きい他の業者より、時間がかかる可能性があります。さらに早めの方がいいかも知れません)

1-2.ATMで直接借り入れ…21時までに自動契約機に入る

ATMというのは「各社の専用ATM」「コンビニ・銀行のATM」のどれでもOKです。
「提携していれば」ですが、大手の消費者金融なら大抵、大手のコンビニ・銀行とは提携しているので、問題なし。

ATMで借りるには「カード」が必要。
カードは郵送だと早くても数日かかるので「自動契約機」で発行します。

街中にたくさんある「アイフル」などの看板の建物。
あの中に自動契約機があります。

自動契約機は大抵、21時まで開いています。
この時間内にブースの中に入って審査を開始すれば、大抵の場合、即日融資OK。
(カードが発行され、そのカードによって借り入れできます)

ただ、審査をすべて自動契約機でするのは面倒。
個人情報の入力など、ネットから事前にしておく方が楽です。

なので、自動契約機での即日融資のコツは「ネット申込み→自動契約機」という流れです。

2.審査に通るコツ

2-1.借り入れが複数ある場合、まとめておく

たとえばあなたが、下のように借り入れしているとします。

  • モビット…10万
  • プロミス…10万
  • アイフル…10万

で、「モビットであと20万借りられる」とします。
その場合、モビットで20万借りてしまいましょう。

で、「プロミス・アイフルを全額返済する」わけです。
そうすると、こうなります。

・モビット…30万

…だけです。急にスッキリしましたね(笑)。
しかし、このスッキリさが大事なのです。

当たり前ですが、同じ借入総額なら「件数が少ない」方が審査で有利。
実際、1ヶ所からまとめて借りた方が、金利も安くなります。

(『まとめ買い割引』と同じ仕組みです)

■こういうケースで、新しくどこから借りるのか?

鋭い方は、この例に疑問を持ったでしょう。
「モビットで借りられるなら、別に新しい審査受ける必要ないじゃん」と。

その通りです。
こういう特殊な「おまとめ」が必要になるのは、

  • 銀行カードローンに乗り換える(その審査を今から受ける)
  • クレジットカードの審査を受ける

…という場面です。

銀行もクレジットカードも、消費者金融より低金利。
一般的な借入金額の場合、

  • 消費者金融…実質年率18%
  • 銀行&クレカ…実質年率14~15%

です。銀行やクレジットカードの審査で、「消費者金融をまとめておいた方がいい」という場面で、上のような「一本化」をするんですね。

つまり、これは「銀行の即日融資」を受ける場合のコツです。

2-2.貯金があるなら、全額おろして、少しでも返済しておく

これは「消費者金融・銀行・クレジットカード」の全部で使えるコツ。
貯金を使って「今の借入残高」を、少しでも減らすわけです。

当然ですが、借入残高が少ないほど審査では有利。
審査に通った後に、またキャッシングして、それを銀行口座に戻せばいいのです。

「ていうか、借金してるのに何で貯金してるの」と思う方もいるでしょう。
もっともな疑問ですが、意外とこういう方もいます。
(確かに、銀行口座にお金があると安心ですからね)

こういう方の場合、こういう形で借入残高を減らして、審査に通りやすくする…という方法もあります。

また、貯金でなくても「家庭内の不要品を売却」するなどして、そのお金で借入残高を減らすのも効果的。
少しとは言え、審査で有利になるのは確かです。

2-3.実家に住めるなら、実家に住む

これはかなり効果的。
というのは、これだけで「今住んでいる家の居住年数」が長くなるためです。

カードローンの審査では「一つの場所に長く住んでいる」ほど高評価。
実家なら「子供の頃から住んできた」ので、かなり長い居住年数を申告できます。

(途中のブランクを除外しても)

また、賃貸でなく持ち家のことも多いでしょう。
当然ですが、持ち家は「不動産」という資産なので、審査で断然有利になります。
(たとえ古い家でも)

何より「家族が同居している」というのが強み。
そういう人は逃げづらいですし、いざとなったら家族が助けてくれることが多いので、業者としても安心して貸し出せます。

人によりますが「今すぐ実家に住める」という場合、審査の時だけでも実家に住むのがいいでしょう(これだけでも、かなり有利になります)。

3.まとめ『理想的なのは、正社員になること』

最後に「最大のコツ」を書くと、やはり「正社員になること」。
いきなりお金持ちになれたらそれが一番ですが、現実には難しいです。

しかし、誰でも頑張れば何とかなりそうなのが「正社員になる」ということ。
「いや、正社員は難しい」という方も多いでしょうが、それは「業種を選んでいる」からです。

パチンコ屋でも何でもOKというなら、「正社員になる」というのは割と簡単です。
私が2012年に働いていたパチンコ店は、地域でも特に潤っている「激忙しい」店だったので、数ヶ月で正社員になる方が多かったです。

もちろん、その分仕事はハードで、初日でやめる人もたくさんいました。
しかし、稼ぎは大きく、アルバイトの私でも月収30万円、社員さんは月収45万はもらっていました。
(社員さんは多数の臨時ボーナスがあったので、もっと上かも知れません)

「パチンコ屋で働こう」とオススメしているわけではありませんが、「どうしても審査に通りたい」「経済力を付けたい」と思っているなら、「手段を選ばない」という発想もあり…ということです。

(お金を稼げない人は、「手段を選んで」いる人が多いです)

ゼニ侍がオススメするカードローン

即日融資の知識関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.