即日融資の知識

即日借入、無人契約機の営業時間21:00に滑り込め!

zenizamurai210

どうしても今すぐゼニが必要なんじゃったら、ネットで申し込んで無人契約機でカードを受け取るのが最速じゃ!

まず、ポイントだけまとめます。

・何時までOK?
大体21:00。

・無人契約機って?
街中で見かける「モビット」とかの看板(の建物)。

・そこに行けばいいの?
はい。ただ、審査だけは「事前にネット」がおすすめ。
契約機ではカード発行&借り入れするだけ。

・土日でも大丈夫?
大丈夫。時間もほぼ同じ。

・時間が違うこともあるの?
逆に伸びる。プロミスは22:00。レイクは24:00。
21:00なら、大抵大丈夫。
(※プロミスは一部店舗で21時まで)

・21時までに「入れば」いいの?
はい。

・ネット審査は、20:00に申し込めばいい?
19:00がギリギリ。
20:00でも行けるかも知れないが、きわどい。

・じゃあ、無人契約機の方が早い?
近くにあれば。しかし「先客のリスク」「書類忘れのリスク」がある。
タッチパネルの入力も面倒なので、ネット審査の方がいい。

・銀行に振り込みしてほしい場合は…
午前中にネットで申し込む(午後は大抵アウト)。

以下、詳しい説明です。

【目次】

1.『ネット申込み』~『無人契約機でカード発行』のやり方
└1-1.全体の流れ
└1-2.ネット審査で記入すること
└1-3.無人契約機でやること(提出する書類の種類)
└1-4.在籍確認の電話
└1-5.審査合格~借り入れまで

2.銀行に振り込んでほしい場合は『午前中』に申し込む
2-1.なぜ『午前中』なのか
2-2.どこの銀行でもOKなのか

3.まとめ
『業者ごとの違いは少ない。トラブルに備えて、早めの申込みを』

1.『ネット申込み』~『無人契約機でカード発行』のやり方

1-1.全体の流れ

  1. ネットから申し込み
  2. 無人契約機で本審査(書類提出など)
  3. その場でカード発行&借り入れ

…という風です。
これだと最速「30分~50分」での借り入れも可能。

無人契約機は「その場でお客さんを待たせている」ので、他のネット審査よりも優先されるのです。

しかし、「全部無人契約機でやる」と、書類をその場で手書きで記入したり、やっかいな作業が多数。
なので、必要な情報だけ先にネットで送信できる、「ネット申込み→無人契約機」の流れが一番早いし、楽なのです。

1-2.ネット審査で記入すること

大体5~8分で終わります。下のような内容です。

  1. 自分の情報…氏名、住所など
  2. 会社の情報…入社年月日、従業員数、種別(法人、公共団体など)
  3. 自宅の情報…持ち家 or 賃貸、自分 or 家族名義…など
  4. 借入の情報…他社借入件数&総額

業者によって多少違いますが、大体このような内容。
項目はもっと多いですが、記入自体は非常に楽です。

(楽にした方が彼らも儲かるし、キャッシングをする人は焦っています。
焦っていても操作できるくらい、とことん楽にしてあります)

1-3.無人契約機でやること

ネットで仮申込みをしている場合、あとは「書類の送信」のみ。
「本人確認書類」を送ります。

■「本人確認書類」の種類

  • 運転免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード …など

できれば「顔写真のあるもの」がいいです。
免許証は最強です。審査項目にも「運転免許証の有無」という項目があるほど。

「顔写真がないもの」の場合「2種類の提出」が必要なことが多いです。
なので、誰でも一応「2種類用意」しておいた方がいいでしょう。

(2種類くらい、持っていることが多いはずなので。なければ1種類でもOKです)

1-4.在籍確認の電話

これは「あなたの職場に電話」するもの。
「あなたが本当に在籍しているか」確かめるわけです。

「職場バレ」などの心配は不要。
在籍確認するスタッフさんもプロなので、ごく自然に聞き出してくれます。

職場バレよりも注意が必要なのは「土曜日・日曜日・祝日でも、在籍確認ができるか」です。
あなたの職場が、土日祝休みだったら、ここで引っかかるわけです。

また、土日祝でなくても夜間だったら、職場が閉まっていることも多いでしょう。

その場合、「社員証、会社の保険証、会社の給与明細」などの書類を提出して、在籍確認をなしにできる場合もあります。

1-5.審査合格~借り入れまで

審査に合格したら、再度電話が来ます。
そして、手短に金利の確認などをします。

「詳しくは、メールを確認しておいてください」のような内容。
利用者が急いでいるのは、業者もよく知っているので、この電話は短いです。

その後、カードがその場で発行されます。
それを、同じブース内にあるATMに挿入し、出金(借り入れ)します。

このカードさえあれば、コンビニ・銀行のATMでも借り入れできますが、手数料がかかるので、その場のATMでやった方がいいでしょう。

2.銀行に振り込んでほしい場合は『午前中』に申し込む

2-1.なぜ『午前中』なのか

審査に「大体1~2時間」かかるため。
そして、アイフルなどは「14時までに審査合格」していないと、振り込みできません。

(銀行自体が、15時で締まるからです)

モビットなどは「14時50分までの審査合格」でOKなくらい、時間が長いです。
しかし、アイフルも含めて「どこでもOK」という場合、やはり14時。

逆算すると「午前中~正午には申し込み」ということです。

2-2.どこの銀行でもOKなのか

どこでもOKです。
各業者が「提携している銀行」の口座だったら、24時間、年中無休でOKです(土日祝でも可能)。

業者と、提携銀行の一覧は、下の通りです。

  • プロミス…三井住友銀行、ジャパンネット銀行
  • アコム…楽天銀行

モビットやアイフルは「24時間振り込み対応可能」な提携銀行はありません。
こうして見ると、プロミスの便利さがわかります。

「午前中を過ぎてしまった」場合、これらの口座があれば、プロミスかアコムで申し込みしましょう。

3.まとめ『業者ごとの違いは少ない。トラブルに備えて、早めの申込みを』

もし「今日中」「明日中」にお金が必要な場合、業者にこだわらず、急いで申し込むのがオススメ。
というのは「どんなトラブルがあるか、わからない」からです。

たとえば在籍確認の電話。
仮にあなたの職場が開いていたとしても「電話に誰も出ない」可能性もあります。

電話に出なかった場合、あらためてかけ直しとなります。
それが夜のギリギリの時間だったら「1日延びる」ことにもなるのです。

キャッシングの審査に限らず、人間の行動にはトラブルがつきもの。
だから、一番大事なのは「時間に余裕を持つこと」なのです。
「業者同士の、細かい違いを比べる」ことではありません。

自慢ではないですが、多重債務で多くの業者を利用してきた私から見て「大手の業者の違い」は、特にありません。
それより、急いでいる方の場合「余裕を持って、お金を用意する」ことの方が最重要。

まず「一番大事」なことだけを考え、それだけを真っ先に守る。
いい意味で「サイボーグ」のような行動を、習慣にすることをおすすめします。

ゼニ侍がオススメするカードローン

即日融資の知識関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2017 ゼニ武士 All Rights Reserved.