キャッシング体験談

車の免許を取るのに即日キャッシングのカードが助かる|25歳 印刷会社勤務 男性

zenizamurai073

自動車学校のゼニは20歳そこそこの若造が準備するには難しか。17万円台の合宿なんかで安く済ます方法もあるき、とにかく情報を集めてみるんじゃ!

僕は20歳を過ぎてからすぐにクレジットカードを作ったのですが、このクレジットカードはインターネットで買い物をしたりする時にとても重宝しています。でもこのカードとは別に消費者金融のキャッシングカードも持っているんです。

このカードは20歳になった時、車の免許がとりたくて作ったものですが、免許取るときにお金がなくてできるだけ早くし教習を受けるためキャッシングをしようと思ったことがきっかけでした。

いずれ社会人になってから何かとお金が必要になった時でも消費者金融のカードがあればこの先助かると思う気持ちもあったので、申し込みしたのですが、働きだしてからすぐの僕は借り入れができるか不安でした。

でも今の会社には入る前に入手したので、申し込んだ当時で1年以上働いていたため、この勤務年数が功をそうしてして審査に通過してくれました。

借入れをしたお金を自動車免許学校の費用に使いました

初めて借りたときの金額は今でも覚えていますが、5万円でした。
この金を自動車学校に入学する時のお金に使いその後実車教授を使用するときの費用に充てました。※免許取得費用を安く済ます方法はないかと色々調べましたので、そちらは後半で公開します。

僕が通っていた学校では一括でお金を支払う方法と、ローンで支払う方法とその都度支払う方法があり、この当時はまだクレジットカード持っていなかったし、ローンの審査に通る自信もなかったわけで、キャッシングをしました。20歳を過ぎてから免許を取ったため親にお金を借りるのも情けないと思ったことも理由の一つです。

もちろん、1ヶ月や2ヶ月で免許が取れるわけではありませんので、僕は4ヶ月通ったのですが、この4ヶ月の間、給料をもらって返済をしながら、乗れる時にはキャッシングでお金を借りて集中して自社教習を受けていました。

予約がいっぱいで乗れないことなどもありましたが、タイミングを見計らいながら積極的に自社教習を受けたことで、4ヶ月ほどで免許を取ることができたのですが、このカードは今でも持っているので新しく家具を買いたくなった時などに使っています。

もちろんクレジットカードも使っていますが、クレジットカードは主にインターネットでの買い物に使っているので、リアルな買い物で使うことはあまりありません。

僕が持っている消費者金融のカードは、見た目もすごくシンプルで消費者金融のものだとは分かりにくくなっているのも気に入っています。5万円借りた時は月々6000円ずつ返済をしていたのですが、今では時々3万円などのお金を借りては翌月に一括で返したり、1万円ずつ返したりとその時の状況によって使い方を変えています。

自分の中で余裕がある時は少し多めに返済しても良いし、ギリギリの生活の時は最低支払い金額で良いのでこうした部分はライフスタイルに合わせられるのも助かります。

免許取得費用を安く済ませる方法

まず一番驚いたのは自動車学校に通わなくても運転免許証が取得可能と言うことでした。

運転免許を取得するには2つの方法があり、一つ目は「自動車学校」に通う方法です。そして、もう一つが「警察で行う運転免許試験」に合格するというものです。この警察で行われる免許試験は「一発試験」と呼ばれていて、こちらのルートですと免許取得にかかる費用は2万5千円程度でした。

ただ、もちろん、運転が初めての場合であれば実技などの経験はないでしょうから合格するのは事実上不可能で、事情があって運転は出来るけど免許は持っていない(更新忘れて取り消しになった人とか?)人向けかなぁという印象でした。

現実的な手法として格安で自動車学校に通う場合、最安で17万円台くらいから免許合宿のプランがあります。ただし、場所は寒い時期の山形などの東北地方になってしまいますので覚悟が必要かもしれません。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング体験談関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2018 ゼニ武士 All Rights Reserved.