キャッシング体験談

建築機材が壊れ、仕事の継続が困難になった時の体験|46歳 建設会社経営 男性

zenizamurai085

機材は特に金額も大きいしのぉ。会社のために急に大金が必要になってしまう時には消費者金融からの借り入れを選択するのもひとつじゃき。

会社経営というのは簡単なものではなく、様々な問題を抱えながら会社を存続させてきているのですが、最も大変だったのは、仕事に使ってる機材が突然壊れてしまったときでした。

建築業に使用している機材というのは一つ一つが非常に高価な値段で販売されているものなので、壊れてしまった時には新しいものを購入するにも簡単ではありません。ちょうどその時期新築住宅を建てている最中だったのですが、どうしても必要な機材だったため後回しにすることはできず、すぐに購入するためにカードローンを利用しました。

仕事柄さまざまな付き合いなどもあるため何かの時のためにカードを複数枚所持していたのですが、クレジットカードで購入できるようなものではなく、現金が必要でした。そのため複数枚所持していたカードのすべてを限度額いっぱいまでキャッシングして、トータルで400万円ほどの機材を現金で購入したことがあります。

経営を支えるためには至急現金が必要だった。

これだけ多くのお金をキャッシングしてしまったので、これからの返済が大変だと思いましたが、それでも大企業などになればもっと多くの借金を抱えながら経営をしていることもあるし、少しずつでも返済をしながら、会社経営をしていくことは会社の信用問題にもつながっていくので、特にマイナスに捉えず返していくことを決意しました。

中にはゴールドカードなどもありキャッシングできる金額が大きなものもありましたが、複数枚所持していたカードにこの時は本当に助けられました。すぐに機材を購入したことで建築中の住宅も仕上がりが遅れてしまうようなこともなく、約束の期日までに工事そのものを終了させることができました。

仕事に使用している機材はこのとき新しく購入しましたが、もちろん今後も使っていくものなので仕方がありません。会社経営を始める時にもこんなにたくさんの借金を背負ったことはなかったので、これが僕にとって初めての借金となりましたが、月々の返済も徐々に行い半年ほどで全ての金を返済することができました。

困難は乗り切り、どうにか経営も上手くやれています。

それからは幸いにも他の機材が壊れてしまうようなこともなく、今のところは借金を抱えずに済んでいるのですが、また何か機材が壊れてしまった時には新しく購入しなければなりません。会社経営も順調に運び今では会社自体のお金もストックしてある状態なのでカードローンを利用することはないと思いますが、やはり自分の会社を経営していくためにはどこかで借金をすることが必要なんだと実感しました。

どのような理由で借金をするのかは会社の状況によって、また職種によって違っていると思いますが、借金をしてでも購入した機材がその後の仕事につながっていくわけですから、経営者として当然の借金を背負ったと思っています。

ゼニ侍がオススメするカードローン

キャッシング体験談関連記事

申し込み数ランキング

新着コンテンツ

カテゴリー

カードローン一覧

Copyright © 2013 - 2018 ゼニ武士 All Rights Reserved.